FC2ブログ

彦坂尚嘉 Naoyoshi HIKOSAKAの《第163万8400次元》e-leaning ArtStudiesのブロマガ レビューを見る

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

  • 著者 : New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
  • 学問・文化・芸術

キリスト教映画を調べて行くと、5つの様態すべてが作られています。YouTube画像のおかげで、こうした確認が出来るようになったのです。

念のために彦坂が言う「様態」の種類を確認しておきましょう。

絶対零度
固体
液体
気体
プラズマ

この様態というのは、H2Oという水が、温度によって状態が変化するという事を指し示しています。温度の変化だけでおきる現象です。この現象を比喩にして、芸術の問題をとらえようと言うのです。

つまり、非常に温度の低い《絶対零度》作品もあれば、非常に精神的な温度の高い《プラズマ》状態の作品もあるのです。

キリストの受難の映画は、液体、気体、絶対零度、固体、そしてメルギブソンの『パッション』でプラズマと、5つすべての様態が作られているのです。

様態という視点で見ると、このようにさまざまな映画がつくられる多様性がうまれてくる、一つの原因であると言えます。

そしてこの様態が、実は人間の精神の状態の5つであると言えます。

キリストの受難という一つの物語が、5つの様態で映画化されるというのは、人間の精神そのものが、ひとつの様態ではなくて、5つの様態変化をしているからだと言えます。

【以上が本文のダイジェスト版です。本文はより詳しく書いています。今回取り上げるのは、マーティン・スコセッシ監督の『最後の誘惑』という1988年の映画です。それが会員のサイトです】

追記:おかげさまで会員の数が7人になりました。一人の方は半年の購読をしてくださいました。ほんとうに、ありがとうございます。感謝いたします。

1年会員ですと60%オフになって、一日当たりの金額は85円ということになって、決して高いというものではありません。

会員制のブロマガになると執筆の精神性がかわることに驚きます。
執筆そのものが労働になることと、描く事にたいするプレッシャーが増大します。

それと話の内容が連載で続きものになります。ブツブツと切っていく必要がなくなるのです。

様態の話は、映画に続いて、明日は絵画の話へと続いて行きます。なぜ、このような執筆態度の変化をきたすのかも、興味深いものがあります。

無料執筆と有料執筆では責任感が違ってくるように思います。

そういう意味では、この「ブロマガ前書き」という無料サイトでは、もっとリラックスした記事をブツブツと切って、バラバラにしながら書きたいものです。無料サイトも、これからさらに頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へにほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へにほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ


月刊ブロマガの購入

月刊ブロマガ価格
6400

月刊ブロマガは、その月に収録されているコンテンツをまとめてご購入いただけます。

※ご希望の発行号にチェックを入れてご購入手続きへお進み下さい。

2013年

  発行号 新着タイトル 収録本数 価格

2012年

  発行号 新着タイトル 収録本数 価格

2011年

  発行号 新着タイトル 収録本数 価格

※購入したコンテンツは、期限なしに閲覧できます。

※購入者を特定できる個人情報は著者には通知されません。