FC2ブログ

彦坂尚嘉 Naoyoshi HIKOSAKAの《第163万8400次元》e-leaning ArtStudiesのブロマガ レビューを見る

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

  • 著者 : New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
  • 学問・文化・芸術

Aさんに、作品がデザインエンターテイメントであるという指摘をしたところ、個人メールで、自分の一番描きたかったと言う作品シリーズの画像を送ってきてくれたのですが、これが何と《真性の芸術》でした。しかも《超次元》?《第6400次元》の作品だったのです。

ところが、これらの作品は、画廊にもコレクターにも不評で、お蔵入りになっているとのことです。

彦坂尚嘉が評価する《真性の芸術》作品というものが、いかに一般には不評であるかと言うことがわかります。これはしかし、歴史的にも芸術が不評であったという過去の例、たとえば写楽の絵が、当時の江戸庶民には不評であったというような形で事実としてあることなのです。

長谷川祐子さんが主張するようにアートとデザインの遺伝子が入れ替わったのではなくて、もともと私的な表現である芸術というのは、社会の中では《公私混同するな!》として、忌み嫌われるものなのです。

もともと人間はデザインが好きなのです。特に下層の大衆は、デザインが好きなのです。

しかし今日では写楽は大衆にも好まれるものになっています。
なぜなのか?

それは写楽が描いた役者を、今日の大衆が知らないからです。つまり生の情報が無くなっているからです。

つまり作品が古くなって骨董化していくと、その作品を生み出した社会環境から作品が切り離されていくので、作品そのものが自立していないと、成立しなくなります。

つまり江戸時代に描かれた作品を見ているときの社会的通念が失われると、写楽の作品は、自立して見えるようになるのです。

私たちは社会常識や社会通念の中で、今日の作品を見ています。しかし50年後には、今日の社会通念は無くなるのです。残っているのは作品だけです。その時の作品の見え方は、今日とは違って見えるのです。

時代が変わって、違う社会通念で見たときに、それでも良い作品として見えるのものが《真性の芸術》です。

つまり長谷川祐子さんが推薦するような美術作品の、全部だとは思いませんが、かなりの量の作品は、魅力を失うはずです。

しかし、それは長谷川祐子さんに限ったことでは無くて、私も含めて、目利きというのは限界があります。グリンバーグですらが、芸術判断を間違えているものが多くあります。特にカラーフィールド・ペインティングは失敗です。私自身の判断も、後生から見れば、愚かな誤りに見えるでしょう。

ことほどさように、芸術の判断は難しくて、デリケートなものなのです。だから面白いと言えます。この危険な判断作業に、果敢に挑んでいくのか、それから逃避するのかで、ずいぶんとちがったものになるのです。

芸術判断を避けて逃避すると、苦しみが生まれます。

芸術は、人間が孤独に個人として死んでいくという事に深く関わっています。ですから、奇妙にも、芸術が理解できないと言うことの苦しみは、深いのです。

月刊ブロマガの購入

月刊ブロマガ価格
6400

月刊ブロマガは、その月に収録されているコンテンツをまとめてご購入いただけます。

※ご希望の発行号にチェックを入れてご購入手続きへお進み下さい。

2013年

  発行号 新着タイトル 収録本数 価格

2012年

  発行号 新着タイトル 収録本数 価格

2011年

  発行号 新着タイトル 収録本数 価格

※購入したコンテンツは、期限なしに閲覧できます。

※購入者を特定できる個人情報は著者には通知されません。