topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似而非写実 - 2012.06.07 Thu

彩流社から出すアートスタディーズの20世紀年表が、なかなか、大変な作業になっている。文献を収録することを主張したのは彦坂尚嘉なのだが、実際の作業は、かなりどころか、非常に量が多いのである。

下記にご紹介するリアリズムをめぐる批評は、明治以降の日本人にとりつかれる写真のように描く描法をリアリズムと錯誤する病の一端を示している。そこで主張されている理想主義というものも、難しい問題で、理想主義を芸術とする価値観を示している。

今日では見られなくなった批評が、戦前には生きているので、その辺のおもしろさをレトロで味わってくださると良い。

⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵⤵

文芸界において写実なる語の流行を聞く。
しかし私たちはその意味を解釈するに苦しむ。芸術家はいかなる意味において写実と叫び写生と言うのか。もとより客観界・あるいは対象そのままを描写するのを写実主義と言えば語義は甚だ明瞭であるが、ひるがえって熟考すれば、対象そのままを描写するということは誠に空漠たる解答であることを知るべきである。

 写実主義とは欧州において一世を風靡するリアリズムの訳語であろう。それならばわが芸術家のある者はまさしくこの文字を誤解してエセ写実の邪道へ迷う者と言わざるを得ない。(尾崎)紅葉一派が小説壇においてエセ写実を主義とするが如く、わが美術界においてもまた一派のエセ写実が流行するのは最も憂うべき悪傾向である。
 
 いわゆる写実派は手段と目的とを混同する者である。写実の本義は思想を表現する為にできるだけ現実に近い材料を選択するのに他ならず、概論すれば18世紀のエセ古典主義に反対して勃興した自然派の変種に他ならない。


 すなわち主題は意味の表現にあって、これを遂行する手段として対象の実を取ろうとする所にある。しかるにわが芸術家のなす所を見るとただ単に外界の奴僕となってごたごたと、ほとんど何らの内容もない作品を出すのでなければ形式のみ借りて生命のない物品を構成するのみ。こんなことでどうして美術の真価を万世に発揮出来るであろうか。わたしは写実主義に頼って失敗する者よりも、むしろ理想主義を採って蹉跌する者を歓迎しよう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

具象絵画の可能性? - 2012.05.11 Fri

具象絵画の可能性?

images_20120511000123.jpeg

568f8bd0.jpg

josefina.gif


Yoshi さんから、次の様なコメントをいただいた。

こんにちは
いつも楽しく読ませていただいています。
突然ですが、質問があります。

彦坂さんは現代において、写実絵画の可能性というものをどうお考えですか?
磯江毅、野田広志、アントニオ・ガルシア・ロペス、等いろいろな画家がいますが、歴史的に彼らの作品はこれからの美術を考えるにあたって大きな意味があるのか僕はとても難しいものがあるようにおもっています。
彦坂さんが用いられるような絵画の言語判定法でひとつひとつをみていくと偏にこの画家はどうだと言うことは難しいと思いますが、最近、現代においての写実主義の行方を少し考えるときがあり、こうして質問しました。
日本で流行る現代写実絵画のほとんどが薄く、平べったいものに見えます。

僕の結論的な考えは、たとえ言語判定法的に超一流であったとしても、歴史的、精神的に崇高でなければ(何らかの新しさを求めなければ)、ただ単に写実主義であっては芸術的な価値は低い、というものです。

よろしくお願いします。
みなさんどうぞお身体に気をつけて、ご自愛ください。応援しています。



        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

《想像界》と絵画の状況 - 2012.04.29 Sun

下記の様なコメントを、KNUTH Yoshiさんからもらった。


私は国際展を拝見したことがありませんが、絵画が死んでいるということに関しては、
絵画がアマチュア作家にとって一番敷居が低いので、商業作品の差別化がしづらいと
言うことがあるかと思います。また、デジタル画像を絵画と見なした場合は文学同様
複製が無限大で可能なのでコストなしで作品をキッチュ化(量産化)してしまうという
事情があるためではないでしょうか。以上、新参者の思いつきでした。


           【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。