topimage

2011-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦しいまでに色彩を抑制された映画2本 - 2011.09.04 Sun

The Book of Eli(邦題『ザ・ウォーカー』)

滅びた世界を旅する男(ウォーカー)イーライがいた。彼は、30年間もアメリカを西に歩き続けている。目的地は何処なのか、彼にもわからない。ただ、「本を西へ運べ。」という心の声に導かれるままに歩き続ける。

『goingwest.jpg/西へ行く』という絵はポロックの初期にあって、名作です。

goingwest.jpg

映画そのものは、核戦争後の荒廃した世界を描いたもので『マッドマックス2』の影響下にあるものです、日本で言えば『北斗の拳』の別バージョンというものですが、一応《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》という芸術映画になっています。ここで取り上げたのは、その苦しいまでに抑制した色調のすごさです。映画は《超次元》から《第6400次元》まである、凄みのあるハイアートの映画です。



一方、とある本を探し続ける独裁者の男カーネギーがいた。彼は、地球が滅びたことを良いことに理想の町を作ろうと企てていた。
そして、イーライはカーネギーが仕切る町に立ち寄る。カーネギーは探していた本をイーライが持っていることに気づき奪おうと企てる。
イーライが運ぶ本の内容とは?そして、執拗なまでにその本を求めるカーネギーの目的とは…?


話そのものは、本の重要性、しかも聖書の重要性を描いた本で、まあ、その話の持っていきどころの救心性の強さにヘキヘキとしながらも、けっこう感銘を受けた通俗芸術映画でした。

もう一本、苦しいまでに色調を押さえ込んだ映画です。

Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(『スウィーニー・トッド /フリート街の悪魔の理髪師』)

ティム・バートン監督が映画化した作品。

このところ凡作が続いていて、見る気が無くなっていたがティム・バートン監督が放つ大傑作で、何よりも画像の美しさ、特にその抑制された色調は絶賛ものであります。しかもミュージカルで美しく、しかも怖い! これはすばらしい今日の《真性の芸術》です。この映画も《超次元》から《第6400次元》まである《真性の芸術》映画です。



興味深いのは「スウィーニー・トッド」という都市伝説の殺人犯です。

スウィーニー・トッド、は19世紀中頃の様々なイギリスの怪奇小説に登場する架空の連続殺人者=悪役の理髪師。

共犯者であるラベット夫人が死体を解体して、その肉をミートパイに混ぜて焼き上げ、何も知らない客に売りさばく。



もう一本おまけに、冒頭の部分が、抑制された色調で特に印象的であった映画が『 In the Name of the King: A Dungeon Siege Tale)』邦題『デス・リベンジ』です。この映画も《超次元》から《第6400次元》までがありますが、これは《真性の芸術》映画ではなくて、通俗映画で大衆映画です








関連記事

アートの世俗世界2~3 - 2011.09.03 Sat

アートの世俗世界の続きです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

アートの世俗世界1 - 2011.09.03 Sat

記事を仕込んでおいて、時間が来たらアップになるようにしたつもりが、2つも何もなしに消えてしまった。こういうブログやブロマガのシステムも、使っていると事故が頻発して嫌になる。嫌になって止めたくなると、ここで止めたら普通の人になってしまうと思って、頑張って続ける。続けている理由というのは、その程度の事が、一番基本にはあるのです。


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。