topimage

2011-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aさんの個人的リクエストによる芸術分析(3) - 2011.11.15 Tue

Aさんに、作品がデザインエンターテイメントであるという指摘をしたところ、個人メールで、自分の一番描きたかったと言う作品シリーズの画像を送ってきてくれたのですが、これが何と《真性の芸術》でした。しかも《超次元》?《第6400次元》の作品だったのです。

ところが、これらの作品は、画廊にもコレクターにも不評で、お蔵入りになっているとのことです。

彦坂尚嘉が評価する《真性の芸術》作品というものが、いかに一般には不評であるかと言うことがわかります。これはしかし、歴史的にも芸術が不評であったという過去の例、たとえば写楽の絵が、当時の江戸庶民には不評であったというような形で事実としてあることなのです。

長谷川祐子さんが主張するようにアートとデザインの遺伝子が入れ替わったのではなくて、もともと私的な表現である芸術というのは、社会の中では《公私混同するな!》として、忌み嫌われるものなのです。

もともと人間はデザインが好きなのです。特に下層の大衆は、デザインが好きなのです。

しかし今日では写楽は大衆にも好まれるものになっています。
なぜなのか?

それは写楽が描いた役者を、今日の大衆が知らないからです。つまり生の情報が無くなっているからです。

つまり作品が古くなって骨董化していくと、その作品を生み出した社会環境から作品が切り離されていくので、作品そのものが自立していないと、成立しなくなります。

つまり江戸時代に描かれた作品を見ているときの社会的通念が失われると、写楽の作品は、自立して見えるようになるのです。

私たちは社会常識や社会通念の中で、今日の作品を見ています。しかし50年後には、今日の社会通念は無くなるのです。残っているのは作品だけです。その時の作品の見え方は、今日とは違って見えるのです。

時代が変わって、違う社会通念で見たときに、それでも良い作品として見えるのものが《真性の芸術》です。

つまり長谷川祐子さんが推薦するような美術作品の、全部だとは思いませんが、かなりの量の作品は、魅力を失うはずです。

しかし、それは長谷川祐子さんに限ったことでは無くて、私も含めて、目利きというのは限界があります。グリンバーグですらが、芸術判断を間違えているものが多くあります。特にカラーフィールド・ペインティングは失敗です。私自身の判断も、後生から見れば、愚かな誤りに見えるでしょう。

ことほどさように、芸術の判断は難しくて、デリケートなものなのです。だから面白いと言えます。この危険な判断作業に、果敢に挑んでいくのか、それから逃避するのかで、ずいぶんとちがったものになるのです。

芸術判断を避けて逃避すると、苦しみが生まれます。

芸術は、人間が孤独に個人として死んでいくという事に深く関わっています。ですから、奇妙にも、芸術が理解できないと言うことの苦しみは、深いのです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

大阪市長選で日本の未来は決まる? - 2011.11.15 Tue


橋下氏、ド派手!豪華応援団に500人集め絶叫…大阪市長選

大阪市の解体か、活性化への切り札か――。

 大阪府知事選に続く大阪ダブル選の第2弾として13日告示された大阪市長選。最大の争点の「大阪都構想」を巡り、現職の平松邦夫氏(62)と前大阪府知事の橋下徹氏(42)は初日から激しい舌戦を繰り広げた。



大阪市長選が、いよいよ始まりました。
橋下徹が主張する大阪都構想は、知的に非常に正当な主張です。
この解説はこのブログの最後のYouTube画像で見てください。
まじめでまともな議論ですので、見るのがつらいかもしれませんが、一見の値打ちがあります。

知的な議論を見ないで、「橋下の父親はヤクザ」「従兄弟は人殺し」といったバッシングで感情的な反発をあおっている橋下徹攻撃の裏には、官僚の既得権の死守の意思があります。

私は橋下徹を支持していますが、
その理由は、人格的に《超次元》~《第51200次元》まである人物だからです。
非常に多層の人格構造をしています。

しかしBクラスの原始的人格で、大衆芸術的なペンキ絵的人格です。
彼を批判する人々の気持ちや意見にも正当性はあります。

この原始性に、魅力を感じます。
日本に革命を起こしうる数少ない人物だと思います。
明治維新を思い出して欲しいですが、長州藩士の暴走はすさまじかったのですよ。今日そのような破壊的な暴走をなしえる人材は、少ないのです。

だからこそ、当選しないのではないかと、私は思っています。

つまり日本は小沢一郎をつぶし、橋下徹をつぶして、下降し続けていくのではないか?

海外旅行の経験が私に沢山有るわけではありませんが、
ポルトガルやベルギー、イタリアに行くと、過去の栄光のあるところは、
現在の文明の革新には追いつけず、よどんでいます。

日本も、もはや過去の成功体験にとらわれていて、後ろ向きにしか生きえないチャレンジ精神を失った社会になってしまっているように、私には見えます。日本の現代アートもそうですが、日本の美術権力者たちが選ぶ作品は、後ろ向きです。
もはや日本は終わったように見えます。
日本の未来は、永遠の低空下降の「よどみ」しかないように思えます。

大阪が奮起して、野蛮な革命を起こして欲しいとは思いますが、
日本の支配者である官僚階級は、全力をかけて橋下徹をつぶすでしょう。

という悲観的な予想の中で、
橋下徹を支持しつづけ、小沢一郎を支持し続け、田中真紀子を支持し続けるという愚かな選択が、彦坂尚嘉の政治的な姿勢です。まあ、誰も良いとは思ってくれないでしょうが、私が彼らを支持するのは、凡庸では無くて、《超次元》~《第51200次元》ある人格だからです。
日本の歴史に断絶を作り得る人物たちです。


249287b9014e2b8538c3b19b0430ec08_50.jpg

 
hasimoto.jpg

彦坂尚嘉責任の[ 橋下徹の顔]の言語判定法による分析

アヴァンギャルド人格である。
伝統的人格ではない。
現代的政治家である。

《想像界》の眼で《超次元》~《第51200次元》の《真性の人格》
《象徴界》の眼で《超次元》~《第51200次元》の《真性の人格》
《現実界》の眼で《超次元》~《第51200次元》の《真性の人格》
《サントーム》の眼で《超次元》~《第51200次元》の《真性の人格》

《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な人格。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な人格。

《シリアス人格》である。《気晴らし人格》では無い。
《ハイアート的人格》ではない。《ローアート的人格》である。

シニフィアンとシニフィエの同時表示。つまりシーニュである人格。

理性脳と原始脳の両方のある人格。

《原始的人格》
ペンキ絵的人格
【B級人格】。

《原人格》《人格》《反人格》《非人格》《無人格》の全概念梯子が有る。
しかし《世間体の人格》が無い。

《原デザイン的人格》《デザイン人格》・・・の全概念梯子が無い。

《原大衆人格》《原イラストレーション人格》《原シンボル人格》の概念梯子がある。

《原-装飾的人格》性がある。
《原-工芸的人格》性がある。

人格であって、ロボットではない。

人格空間の意識の大きさが《グローバル》である。

鑑賞構造が《愛玩》《対話》《驚愕》《信仰》《瞑想》の全てがある人格。

情報量が300である。
クリエイティヴである。


20111029_hashimototoru_23.jpg
OSK201104210188.jpg

彦坂尚嘉責任の[ 平松邦夫の顔]の言語判定法による分析

アヴァンギャルド人格ではない。
伝統的人格である。
現代的政治家ではない。

《想像界》の眼で《第1次元 社会的理性領域》だけの《デザイン的人格》
《象徴界》の眼で《第1次元 社会的理性領域》だけの《デザイン的人格》
《現実界》の眼で《第1次元 社会的理性領域》だけの《デザイン的人格》
《サントーム》の眼で《第8次元 信仰領域》の《デザイン的人格》

《象徴界》だけの人格。《想像界》《現実界》《サントーム》の3界をたない単層的な人格。
液体(=近代)性だけの単層的人格。プラズマ/気体/固体/絶対零度の4様態をたない人格。

《シリアス人格》である。《気晴らし人格》では無い。
《ハイアート的人格》である。《ローアート的人格》が無い。

シニフィエだけの人格。シニフィアン性のない人格。

理性脳だけの人格。原始脳性が無い人格。

《透視的人格=文明的な人格》
オプティカルイリュージョン的人格
【A級人格】。

《原人格》《人格》《反人格》《非人格》《無人格》の全概念梯子が無い。
しかし《世間体の人格》が有る。

《原デザイン的人格》《デザイン人格》の概念梯子がある。しかし《反デザイン人格》《非デザイン人格》《無デザイン人格》性が無い。

《原大衆人格》《原イラストレーション人格》《原シンボル人格》の概念梯子が無い。

《原-装飾人格》が無い。
《原-工芸的人格》が無い。

ロボットであって、私性を表出しえる人格ではない。

人格空間の意識の大きさが《近代国家》である。

鑑賞構造が無い人格。

情報量が50である。
クリエイティヴでは無い。









 自民、民主両党府連の応援を受けて組織戦を展開する平松氏。自らが代表を務める大阪維新の会の府議、市議らと、ひたすら街頭で支持を訴える橋下氏。言動も戦いのスタイルも異なる2人が雌雄を決する「大将戦」が始まった。


 平松氏は13日、同市西区で第一声を上げ、「大阪市をバラバラにすると言っている人がいる。つぶすのは簡単だが、二度と戻らない」と橋下氏を批判。「市民の暮らしを守り、独裁に対抗するため、立ち向かう力を頂きたい」と支援を呼びかけた。14日午前は市役所前で支持を訴えた後、市内各所で街頭演説を行った。

 橋下氏は13日、南海難波駅前での第一声で、「ダブル選は日本の政治の枠組みを変える重大な選挙だ」と強調。「日本を再生させるのか、沈没させるのか、皆さんにかかっている。大阪市役所からむしり取った権限とお金を、市民に取り戻す選挙だ」と訴えた。14日午前は商店街を歩くなどして支持を呼び掛けた。
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。