topimage

2012-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力規制庁、未発足の異常 - 2012.05.06 Sun

原発を再開するためには、福島原発事故を踏まえて、安全を監視する制度を十分に用意しなければなならないこととは明らかなのに、日本政府は、それすらが出来ていない。

何故にできないかも不思議なのだが、そうした基本を踏まえられなければ、原発の再稼働はあり得ない。



原始力規制庁、未発足の異常

 「規制庁ができていれば、関係機関に説明しやすいのに」。

政府が4月、原発再稼働の判断基準を示した直後、保安院の幹部はぼやいた。

判断基準では、電力会社に中長期的な安全対策の実施計画の提出を求めているが、その内容を法律に基づいて点検し、指導する体制は未整備だ。

東京電力福島第1原発事故を防ぐことのできなかった保安院と原子力安全委に代わる新体制が始動しない限り、原子力政策への信頼回復は難しい。

 そもそも政府が再稼働の前提条件としていたのはストレステストの1次評価だ。1次評価は電力会社が結果を提出し、保安院と原子力安全委が確認する。現在までに8社が19基分の提出を終えた。

 ところが、政府は再稼働の可否を政治判断するため、4月に突然、事故時の指揮・作業拠点「免震事務棟」の設置など時間のかかる実施計画の提出を求める新たな判断基準を導入。大飯原発3、4号機の再稼働を「妥当」と結論づけ、地元へ同意を求める段階に入った。残りの「再稼働予備軍」のうち、最も手続きが進んでいるのは、保安院による評価を終えた伊方原発3号機。それ以外は保安院が審査中だ。

 1次評価の審査は、4月から規制庁が引き継ぐはずだったが、発足は遅れ、保安院とともに3月末に廃止されるはずだった原子力安全委も存続している。班目委員長は4月以降の記者会見のたびに「(将来性のない組織では)議論できる状況にない」と語る。

 城山英明・東京大教授(行政学)は「現行に代わる規制システムが整備されていないために、自治体や住民は政府が今回の事故にきちんと対応したと納得できないでいる。

原発ゼロを招いたのは、政府が信頼を得られていないことの裏返しだ」と指摘する。【岡田英】


        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

<原発稼働ゼロ>70年以来42年ぶり 懸念の中、夏へ(加筆1) - 2012.05.06 Sun

<原発稼働ゼロ>70年以来42年ぶり 懸念の中、夏へ

遂に全部止まった。
凄いものです!

さすがに原発事故の重大性を理解してきているのでしょうか?
今度2つめの原発事故を滋賀県あたりでやれば、日本は立ち直れなくなる。

電力の問題は、別に考えるべきだし、どうしても足りなければ企業の海外移転も、日本人の海外流出も覚悟すべきなのだと思います。

もちろん、原発を再稼働させたい人々も、頑張るでしょうから、このままは行かないでしょう。それでも、全部の原発が止まったこと自体が、革命的なことです。評価したいと思います。



 北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)が5日夜、定期検査のため運転を停止し、国内の原発50基全てが止まった。全基停止は、商業用原発が2基しかなかった70年以来42年ぶり。関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が再稼働の手続きを進めているが、地元同意を得るには至っておらず、70年代の石油危機後に原発を基幹エネルギーに据えて以降では初の「原発ゼロ」となった。電力不足の懸念を抱えたまま夏の需要期を迎えようとしている。【小倉祥徳、鈴木梢】

         【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

織田信長の人格分析は可能か? - 2012.05.05 Sat

朝青龍織田信長
朝青龍と織田信長の人格の比較を試みる


織田信長の人格分析は可能か?

Aさんからコメントをいただいているのだが、私から見ると、基本的に先入観による意見であって、学問的反省性を持った意見には感じられない。

人間の意見には2つがあって、一つは自然的な態度で、そこでの意見は先入観である。

たとえば私は「馬を知っている」「ライオンを知っている」と言ったとします。

しかし馬も飼ったことは無いし、ましてやライオンを飼ったことは無い。馬の体重やライオンの体重も知らない。馬のおしっこの臭さも、ライオンの糞の量も知らないのです。



        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

プルシャンブルーと放射性セシウムの化合物 - 2012.05.04 Fri

フ#12442;ルシアンフ#12441;ルー

プルシアンブルーの構造は、鉄イオンをシアン化物イオンが橋渡ししてつないだ、ジャングルジム状の骨格。

紫は鉄(II)イオン、ピンクは鉄(III)イオン。





プルシャンブルーと放射性セシウムの化合物

KNUTH Yoshi さんから、次の様な質問をいただいた。

最近油彩でプルシャンブルーを使用することが多いのですが、Wikipediaなどではプルシャンブルーと放射性セシウムの化合物を肺に吸引すると、体外に排出することができず危険と書いてありました。

彦坂様はプルシャンブルーを使用した絵画を制作・展示することに関してどのようにするのが望ましいと思いますか?



        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

裸のラリーズ(3/4) 《サントーム》の音楽 - 2012.05.04 Fri

裸のラリーズ(3/4) 《サントーム》の音楽


裸のラリーズは、1967年に京都で結成。
メンバーは水谷孝(ギター、ヴォーカル)、中村武志(ギター)、若林盛亮(ベース)に、さらにドラムの加藤隆史。
69年4月には京都大学のバリケードの中で行われたイベント「バリケード・ア・ゴーゴー」に出演。全共闘のバリケードを背景とした音楽であった。





次に紹介するコンサート・ライブ映像は、このバリケード闘争が終わり、アメリカがベトナムで敗戦した後の1967年のものです。
この67年には、ロンドンで、セックスピストルなどのパンクが出現している。こういう時代の音としては、少し古くなっているようにも思えるが、しかし水谷孝のフィードバック・ノイズのギターは、すばらしく豊かな《超次元》~《第163万8400次元》に向けて、深化していく。その初期の音楽性を確認できる貴重なライブ動画です。

    【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

脳の多様性への道(1) - 2012.05.03 Thu

脳の多様性への道(1)


人類の歴史を見ると、脳の発達が大きいことが分かる。
150万年~250万年前に、人科の脳の平均サイズが400ccから900ccへと、2倍以上になっている。 
(サラエルトンの研究。オッペンハイマー著『人類の足跡10万年全史』頁32~33)

この脳の増大化の理由として考えられているのは、雑多なものを食べる雑食性と、複数の人間が柔軟に社会的協力していくという融通性であったという。

雑多なものに反応する《多様性》と、複数の人間が協力していく《融通性》が、人間の脳を大きくし、さらに構造化を進め、さらに今日の社会に現れている、違った脳構造を持つ、多様な人間存在を生み出してきているのです。




        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

マキシマム ザ ホルモンと、ディスゴージ/気の狂った時代(改訂2) - 2012.05.02 Wed

マキシマム ザ ホルモンと、ディスゴージ

      /気の狂った時代



20世紀、人間は気が狂ってしまったのではないか?

ジャックラカンの理論で言えば、気が狂うというのは、《想像界》《象徴界》《現実界》という人間の精神領域が、バラバラになってしまうことだ。

少なくとも美術作品や音楽作品で見ると、この3つの精神領域がバラバラになってしまっていることがわかる。つまり美術や音楽で見る限り、人間の文明は気が狂っているのです。

ここでご紹介する『マキシマム ザ ホルモン』というデスメタルの日本のバンドは、《現実界》に還元した音楽を展開しています。

次のYouTube画像は、前半と後半が、《想像界》の音楽から《現実界》のそれへと変貌するので、
最後まで見てください。





      【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

<ダーレオーエン死去>「涙がとまらない」北島ツイッターで - 2012.05.02 Wed

<ダーレオーエン死去>「涙がとまらない」北島ツイッターで

      【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

骨董的なものと、芸術の差(加筆1) - 2012.05.01 Tue

高木さんという方から、船村徹という作曲家の評価をいただいたのだが、その食い違いを書いておきたいと思う。

日本人に限らないのだが、社会的には、芸術というものと、骨董を混同する。

もっと言うと、時間がたって、過去形になると、物事は骨董になるのだが、そうすると鑑賞して、愛でるようになれる。このことを、芸術と錯覚するのである。


         【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。