topimage

2012-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤフー、メール内容を解析し利用者の興味にあう広告表示を開始へ - 2012.08.27 Mon

ヤフー、メール内容を解析し
     利用者の興味にあう広告表示を開始へ


フジテレビ系(FNN) 8月26日(日)12時42分配信
ヤフーは、メールの内容を自動的に解析し、利用者の興味にあった広告を表示するサービスを9月にも始める方針を固めた。
このサービスは、「ヤフーメール」のタイトルや本文を自動的に解析し、メールの利用者が興味のある広告をメールのそばに表示するというもので、ヤフーは、このサービスを9月にも始める方針。
メールを解析して表示する広告は効果が高いといわれているが、このサービスをめぐっては、電気通信事業法で保護される「通信の秘密を侵害するおそれがある」として、総務省が、利用者からの同意をその都度取るべきだとする一方、ヤフーは「利便性が損なわれる」と反対している。
電気通信事業法は、国内に通信設備を持つ事業者が対象のため、アメリカのグーグルなどは、すでに日本で同様のサービスを行っていて、ヤフーも今回、サービス開始に踏み切る方針を固めたもの。
最終更新:8月26日(日)12時42分

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120826-00000251-fnn-bus_all&1345952530

 ヤフーが、電気通信事業法違反の可能性を押し切って踏み切るという、その人に合った広告を打つというのは、すでにAmazonでおなじみですが、これは鏡のようなものです。

自分の顔を鏡に映すように、自分の趣味だけの広告に取り囲まれているというのは、自分の趣味で鏡の部屋を作るようなものです。それ以外の情報は切り捨てて、閉ざしてしまう。実際には、世界は多様なのですが、その多様性に関しては思考を停止する。こうした認識の停止は、誰でもやっていることです。自分の趣味に合ったものだけに反応し、さらには自分の興味だけの狭い情報だけを受け入れるという態度で、自分自身を守っている。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事
スポンサーサイト

異端美術研究会2【運慶】 - 2012.08.27 Mon

木造金剛力士立像(国宝)2_2

 異端美術研究会2です。
 シンディ・シャーマンの次は、なんと運慶をやります。
 
 この飛躍に多くの人はついてこられないかもしれません。多くの人は飛躍や変化を嫌います。しかし彦坂尚嘉は重症の分裂病患者なのです。
 
 美術を愛する気持ちというものには、このような分裂病的な飛躍性があります。いろいろな美術があって、飛び石のように飛躍する感覚がおもしろいのです。
 
 運慶は鎌倉初期の彫刻家です。
 運慶は異端でしょうか?



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】
 

Read More »

異端美術研究会【シンディ・シャーマン】 - 2012.08.25 Sat

/Users/tochiharahiina/Desktop/cindy.jpg

異端美術研究会です。

 まずは、何と言ってもシンディ・シャーマンです。つい最近ニューヨーク近代美術館で回顧展がありました。『初期作品集』を見ると1975年〜1977年という年号がふってありますので、75年以降の作家ですが、この頃の活動は日本には紹介されないで来ました。

 シンディ・シャーマンの作品は制作技術的にも、作品構造的にも高度なものです。ここに上げるもので言えば、上中下で言えば《特上》の美術作品です。 


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

鏡像理論の拡張を目指して(2) - 2012.08.23 Thu

人間の心が2枚の合わせ鏡になってできている。
この事はH.G. ウェルズ著「世界史概説」の上巻の冒頭にも同じ比喩が書かれています(上巻  第一章1頁10行目から)。

         【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ゴンブリッジの『美術の物語』 - 2012.08.22 Wed

mw58008.jpg



芸術の秘密が、私なりに理解できたのです。結論を簡単に言うと、社会は芸術を通俗的に理解しているということです。

直接はE.H.ゴンブリッジの『美術の物語』というカラー図版のたくさんある大著なのですが、その内容は一般的で、通俗なのに驚いたのです。

51GlZtBCSnL.jpg


この日本版は2007年の発行ですが、本にはきちんと書いてあるのを見つけられませんでしたが、ゴンブリッジが1950年に書いた『The Story of Art』名著の翻訳版だと思います。


     【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

王澍の建築 - 2012.08.21 Tue

建築界のノーベル賞と言われるブリッカー賞が、今年初めて中国人建築家に与えられました。王澍(おうじゅ、中国語: 王澍、 Wang Shu, ワン・シュウ、1963年生まれ)です。実は昨日中国に留学していた市川君という建築の学生に会って、この王澍の話になりました。ブリッカー賞は、非常に眼のある権威の高い賞です。彦坂尚嘉的に言うと、《原-芸術》とでも言うべき《原ー建築》を持っている高度な質の建築家ばかりが選ばれていて、素晴らしい賞です。市川君に教えられて王澍をネット検索してみましたが、独創性のある建築家でした。中国が凄くなってきています。

関連記事

Facebookでのやりとりから - 2012.08.19 Sun

太平洋戦争が、日本国民がだまされた戦争だとは思えません。
 同様に、福島原発事故が、日本国民がだまされた結果だとは思えません。
 日本国民の大多数が、永遠の夢を見たいと思っていたとは思います。夢はしかし、続かなかったのです。しかし、また夢を見るのだと思います。
 永遠の夢を、多くの人は愛しています。多くの人は真実では無くて、安心を求めています。安心して夢を見ていきたい。
 永遠の生命を、安心して生きたいのです。かなえてください!


       【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

《信仰領域》の音楽2 - 2012.08.16 Thu

soulstasisのリクエストへのお返事の後編です。
マニアックな音楽趣味性は、刺激的です。
まずは、チリのデスメタル系のバンドです。
チリと言えば、チリワインですが、ヒップホップとミックスしたデスメタルも盛んなようです。






    【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

《信仰領域》の音楽 - 2012.08.15 Wed

soulstasis 様

お返事遅れてすみません。
量が多いと、つい、後回しにしてしまうのです。
できれば、少しずつ出してくださると、お答えしやすいです。

遅れましたが、上から順番にお答えします。
今日は3つまでです。

彦坂尚嘉


> はじめまして。言語判定法による美術や音楽の分析を興味深く拝見しています。今回張られているパンテラやブラックサバスの曲等のように、彦坂氏は重厚で引きずるようなリフの曲を高く評価しているので、ドゥームメタルやビートダウンハードコア系の、以下のバンドの判定を知りたいです。よろしくお願いします。
> Electric Wizard -- We Live (entire album)
> http://www.youtube.com/watch?v=0NKdM2ZWtL8&list=0A12710B3DF1DAA9
> ESOTERIC(UK) - Bereft
> http://www.youtube.com/watch?v=2tzzUMNF4YQ&feature=results_main
> Prayer for Cleansing - Bael Na Mblath (Mouth of Flowers)
> http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=eQCaJkTVdgU&NR=1
> Built Upon Frustration - Personal Games For Personal Gain
> http://www.youtube.com/watch?v=KIP-WXq09YQ
> 6 Weapons - mi barrio
> http://www.youtube.com/watch?v=eKdWQ-Iw3cM&feature=related


        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

反プーチンバンドが新たな抗議計画 - 2012.08.15 Wed



反プーチンバンドが新たな抗議計画「もっと強く大胆に」
ロイター 8月15日(水)12時9分配信

8月14日、反プーチン政権の曲を演奏し、メンバー3人が逮捕・起訴されたロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット」が新たな抗議パフォーマンスを計画していることが明らかに。

[モスクワ 14日 ロイター] 反プーチン政権の曲を演奏し、メンバー3人が逮捕・起訴されたロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット」が、新たな抗議パフォーマンスを計画している。別のバンドメンバーが14日、明らかにした。

ロイターのインタビューに答えたメンバーらは、目出し帽にカラフルなタイツという出で立ちで、「逮捕された3人はこのグループの原動力だった」と語り、「3人がいなくても私たちはもっと強く、大胆になるべきだ」と、さらなる抗議活動の可能性を示した。

計画している抗議活動について詳細は明かさなかったが、他の女性たちも抗議の声を上げられるような刺激を与えたいと語った。

同バンドのメンバー3人は今年2月、モスクワの大聖堂でプーチン氏に抗議する曲を演奏し、宗教に対する憎悪または敵意によるフーリガン行為の罪で起訴された。判決は17日に言い渡される予定。


       【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

村田諒太の顔 - 2012.08.13 Mon

村田亮太の顔




村田諒太、ボクシング48年ぶり金メダル獲得!

ロンドン五輪第16日(11日)男子ボクシング・ミドル級決勝。昨年の世界選手権銀メダリスト・村田諒太はエスキバ・ファルカンを14-13での判定で破り、ボクシングでは1964年東京五輪の桜井孝雄(バンタム級)以来2人目となる金メダルを獲得した。


【続きは、下のREAD MOREをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

栃原比比奈の新作 - 2012.08.11 Sat



大木裕之さんの主催している高知県立美術館ホールでの高知映像際(2012年8月13日)に参加する関連で、中の亭と、沢田マンションギャラリー(会期:8月2〜14日)でのグループ展に出品します。そのための栃原比比奈の新作と、彦坂尚嘉の新作のご紹介です。撮影は坂田真奈美。
関連記事

宮島龍男氏をこのように批判したのか? - 2012.08.08 Wed

> これ彦坂さんのことですか?

>
> 宮島達男 ‏@tatsuomiyajima
> 続続、現代アーテイストと称する H は、「柿の木が世界に認められたのは、バックに大物がついているからだ」と憶測だけで書いた。面白いのは、批判する彼らは作品をまず見ていない。事実、植樹式に彼らが来た事は一度もない。先日も奈良さんが怒ったように、せめて事実を見てから書けと言いたい。
> https://twitter.com/tatsuomiyajima/status/232740131361128448

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私は、そういう書き方をしないし、そういう批判をするタイプでは無いのですが。

「宮島龍男」で、私が書いているのを探すと、
次のようです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

レクチャー&シンポジウム
20世紀日本建築・美術の名品はどこにある?
第15回アート・スタディーズ 

1985年〜1994年「『85年革命』期の建築と美術」



「1985年前後に新人類と呼ばれる著名人が登場し日本社会に旋風を巻き起こした」という主張が「85年革命」と呼ぶもの。批評では浅田彰、中森明夫など、 美術では森村泰昌、宮島達男など、建築ではポストモダン建築が流行している。文学では田中康夫、高橋源一郎、島田雅彦、小林恭二などなのだろうが、たしかに1986年のバブル経済の中で、日本の国際化も急速に進展して、1990/2000年代の《根拠なき熱狂》へと登り詰める出発点を形成しています。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一応の検索さですが、後出てこないのです。

私も物忘れが激しいので、何かあれば具体的にご指摘いただきたいですが・・・、

しかし「「柿の木が世界に認められたのは、バックに大物がついているからだ」」というような批判を、私はしないタイプです。

それに私は、「柿の木が世界に認められた」とは、今も思ってもいないので、ご本人に、批判したのが私かどうか聞いてみます。

Twitterを余りよく分からないのですが、Twitterで返信を3つしました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

彦坂尚嘉 ‏@hikosaka
@omameomameomame @tatsuomiyajima 彦坂尚嘉です。私には心当たりがないので、宮島氏に出典を教えてくれるようにリツイートしました。こういうタイプの書き方の批判を、私はしない人なのですが?

彦坂尚嘉 ‏@hikosaka
@omameomameomame @tatsuomiyajima 前に前にアートスタディーズというシンポジウムでは、宮島氏の名前を書いています。 下記ブログをご覧ください。http://hikosaka2.blog.so-net.ne.jp/2009-06-17-1

彦坂尚嘉 ‏@hikosaka
@omameomameomame @tatsuomiyajima 検索をすると、昔に宮島達男さんが署名運動をなさったことがあって、その時のAWの記事が、ウエーブ上にあるのを見つけました。そのことを歪曲なさっているのですかね? http://www2a.biglobe.ne.jp/~yamaiku/honhon/lr/lr.hikosaka02.htm … …

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

結果ですが、
宮島達男さんが、Twitterの記事を削除しました。
後は、無しのつぶてです。


私は、宮島氏に対してつまらない批判や誹謗中傷はしていないのです。

関連記事

言語判定法の習得教室について - 2012.08.05 Sun

白蓮さんから、下記の様なコメントをいただいた。
それへのお返事です。


言語判定法


白蓮様

> 日本ラカン協会のワークショップ行きました。
> 彦坂さんのお話は彦坂さんのブログをずっと読んできた人には理解できた思います。
> あのときに質問したかったことがありました。
> それは言語判定法は学ぶことができるのか?ということです。

できます。

> あるいは言語判定法は他者に教えることができるものなのでしょうか?

できます。

> 以前のエントリーでそれを示唆することがあったと思いますが今一度お答え願えたら幸いです。

せひ、そういう教室を開きたいと思っています。

彦坂尚嘉

     【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

落札ありがとうございます - 2012.08.02 Thu

落札ありがとうございます

2点落札していただきました。ありがとうございます。

201207250046127c7.jpg


作品名:『無題』
Artist:生須芳英 Namasu Yoshihide
シートサイズ: h 21.0 × w 29.7cm
イメージサイズ: h 19.0 × w 23.5.cm
素材:インクジェットプリント(エプソン PX-5300)
   EPSON 写真用紙 光沢
制作年:2012年
落札価格:2,000円

生須芳英無題2-1

作品名:『無題』2-1
Artist:生須芳英 Namasu Yoshihide
シートサイズ: h 21.0 × w 29.7cm
イメージサイズ: h 19.3× w 27.3.cm
素材:インクジェットプリント(エプソン PX-5300)
   EPSON 写真用紙 光沢
制作年:2012年
落札価格:2,000円




関連記事

低俗音楽研究会 - 2012.08.01 Wed

低俗音楽研究会です。【低俗音楽研究会の第一期全8曲の1】

まずは、何と言ってもパンテラです。1987年〜2003年(解散)に商業的に活躍したラウドロック・バンドです。名前のパンテラは、動物の豹という意味と、出身地のテキサス州パンテゴの2重の意味の重なりです。
パンテラの音楽は上中下で言えば《下の下》の音楽で、極端に下品です。

演奏技術的には、しかし高度なものです。極端に過激なギターとバスドラムの音を創造しています。私は画家なのでロックの演奏技術を詳細に語る力量はないので、カバーの演奏動画を見るのが好きです。


音楽的には《サントーム》のリテラシーの音楽で、様態的には《プラズマ》化しています。
今の日本文化には、ほとんど無い質のものです。

バンドが16年で終わってしまったのは、《サントーム》に至ったバンドの宿命で、展開ができなくなったからであると思います。


   【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

第127回気体分子オークション・生須芳英個展 - 2012.08.01 Wed

生須芳英さんは多摩美の造形学科ですので、油彩画も描いていますが、それをオークションに出すというわけにも行きませんでした。とにかく初期ポートレートを、2セットまとめようと思っています。独特の色気があるからです。目標は20点で一セットです。

パフォーマンスの仕事は来ていて、女子美術大学の学生の村上英惠さん監督の映画に、主演の廃いゆー子さんとともに出演して、撮影を終えました。



第127回気体分子オークション・生須芳英個展


生須芳英モノクロ2

作品名:『無題』
Artist:生須芳英 Namasu Yoshihide
シートサイズ: h 21.0 × w 29.7cm
イメージサイズ: h 19.0 × w 23.5.cm
素材:インクジェットプリント(エプソン PX-5300)
   EPSON 写真用紙 光沢
制作年:2012年
開始日時/終了日時 2012年8月1日(水曜日)9:47 ~ 8月8日(水曜日)21:00
最低入札価格:2,500円(額装別)
即決価格:25,000円


オークションは下記をクリックしてください。
http://www.kitaibunshi.com/category/auction/
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。