topimage

2012-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間層減税延長が最重要=「崖」回避できねば経済に打撃―米大統領 - 2012.12.31 Mon

減税失効と自動歳出削減が重なる「財政の崖」が回避されなければ、経済が打撃を受けると、オバマ大統領は語っていますが・・・、なかなか共和党との折衝が身を結ばない。

中間層減税延長が最重要=「崖」回避できねば経済に打撃―米大統領
時事通信 12月31日(月)1時31分配信



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事
スポンサーサイト

米誌ニューズウィーク(Newsweek)の紙媒体としての最終号 - 2012.12.31 Mon

2次安倍政権も大きなターニングポイントではありますが、それ以上に大きいのは、本の時代が終わったことでしょう。印刷の時代が終わってデジタル化へと時代が変わったのです。アメリカの調査では教育水準が高い30~49歳の高所得層に電子書籍の読者が多いとのことです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
米誌ニューズウィーク(Newsweek)の紙媒体としての最終号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【12月25日 AFP】先に完全デジタル化を発表していた米誌ニューズウィーク(Newsweek)の紙媒体としての最終号が24日、発売された。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

近づく「財政の崖」、行き詰まる米与野党協議 - 2012.12.31 Mon

 ヤバイ雰囲気ですよ。もともと2008年のリーマンショックのツケを先延ばしにしてきたしわ寄せですから、当時言われたように100年に1度の大恐慌のマグマが解消されないで続いているのです。

 私たちの生活も芸術も、どちらも1991年からのITバブル、さらには2001年からのサブプライムローン・バブルという2つの『根拠無き熱狂』の上に乗って展開してきたのです。この20数年、4半世紀の上っ面の繁栄が、本格的に崩れるのかもしれません。どうなるかは、分かりませんが・・・。普通の予想ではアジア、特に中国が危険だと言われていますが、日本も危ないですよね・・・。

 「財政の崖」をアメリカが飛び降りて、同時に日本の第2次安倍内閣がインフレ政策をとると、両方の影響が合体してどうなるのか・・・。最悪はブラジルのような・・・・。

近づく「財政の崖」、行き詰まる米与野党協議
AFP=時事 12月31日(月)12時28分配信

「財政の崖」を回避するための与野党協議が続く米上院で報道陣に囲まれる民主党のハリー・リード上院院内総務(右、2012年12月30日撮影)。
【AFP=時事】米国と世界の経済に深刻な打撃を与えかねない「財政の崖」を回避するため米議会上院の与野党間で行われている協議は、減税の失効と歳出の自動削減が重なる年明けまで2日と迫った30日も何の合意にも至らず終わった。



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

福島を忘れる日本人/ルモンド紙 - 2012.12.31 Mon

内海 信彦さんの記事をシェアします。
日本人のこの品位の低さを直視させられたという意味では、今回の選挙は決定的であったと言えます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆福島を忘れる日本人/ルモンド紙(12月18日)

 福島で起きた原発惨事は既に忘れられ、時は新たな段階へと移りつつあるのだろうか。時間とは皮肉なものだ。日本国内で国際原子力機関(IAEA)による原発の安全強化に関する国際会議が開かれるさなか、日本人は原発の再稼働を強く推進する自由民主党を与党に選んだ。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

ピアニスト/ダニエル・バレンボイムの語る音楽 - 2012.12.31 Mon



ダニエル・バレンボイムというピアニストが音楽について語っています。日本語の字幕もあって、すばらしい内容です。《意地》の重要さや、芸術を愛する《愛する心》の大切さを、説得力のある知性と総合的な透徹性で語っています。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。