topimage

2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フィニアスとファーブ』/《高温プラズマ》のアニメ - 2013.01.17 Thu



恐るべしディズニー! 宮崎駿のアニメで見事にディズニーに勝ったと思っていたら、さすが元祖で、ディズニーが本格的な展開をしていました。

『フィニアスとファーブ』というのはディズニー・チャンネルオリジナルアニメです。アメリカでは2007年8月から、日本では2008年2月からディズニー・チャンネルで放送中です。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

第57回「ラカンと美術読書会」のご案内 - 2013.01.17 Thu

厳寒の候
ラカンと美術読書会連絡係りの加藤 力と申します。
ご案内させていただきます。
宜しくお願いいたします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第57回「ラカンと美術読書会」のご案内
日時 1月25日 (金)18時30分 ~ 2時間程度
場所 立教大学(池袋) 
   18号館(ロイドホール)
   5階 L509号室 彦坂研究室



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

第9回【《ひこさか Light & Heavyアート塾》】 - 2013.01.17 Thu

601898_470951636298545_1699551454_n.jpg

JEFF KOONSColoring Book, 1997–2005High chromium stainless steel with transparent color coating222 x 131 1/4 x 13 1/4 inches (563.9 x 333.4 x 33.7 cm)Version 2/4Installation at Gagosian Gallery Beverly HillsPhoto by Douglas M. Parker Studio


第9回【《ひこさか Light & Heavyアート塾》】

試運転も後2回、焦点を結んできて最後の段階になりました。陣容も新手のスタッフの参加も得る見込みがついてきたので、新学期を立ち上げる方向で進みます。通信教育も同時に立ち上げることで、地方の人の参加も可能な形にしたく思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時:2013年1月19日(土)13:00~

場所:タマダプロジェクト コーポレーション

 住所〒104-0052 東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫2F 電話03-3531-3733 ファックス03-3531-3744
   お申し込みは、メールtpc@tamada-pj.co.jp

  
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線 月島駅
7番出口右手奥 月島スポーツプラザ方面へ直進徒歩2分
スペインクラブ隣 鉄扉内エレベータから2階へ


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

トヨタ、世界販売台数で首位奪回確実…2年ぶり - 2013.01.15 Tue

トヨタが首位奪還! 

え! 驚きますね。素晴らしいけれども、この調子で、日本経済も復活するのでしょうか?


トヨタ、世界販売台数で首位奪回確実…2年ぶり
読売新聞 1月14日(月)23時15分配信
 【デトロイト=越前谷知子】トヨタ自動車が2012年の世界販売台数で、米ゼネラル・モーターズ(GM)と独フォルクスワーゲン(VW)を抜き、2年ぶりに世界一に返り咲くことが確実となった。



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

あいちトリエンナーレの彦坂作品の第2案/スタッフの募集 - 2013.01.15 Tue

303588_468448566548852_1847162535_n.jpg

あいちトリエンナーレの彦坂作品の第2案を、今送った所です。

昨年に第1案を送って、ログハウスの角ログを使った壁面を建てるので、その規模をトリエンナーレ事務局に検討してもらっていたのです。

「設置可能です」というお返事をいただきました。



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

福島第一原発の現状/玉川さんのレポート - 2013.01.15 Tue

福島第一原発に入った玉川さんのレポートです。事故が最悪では無くて、奇跡的に食い止められたということ。言い換えると、極めて危険な事態はあり得たのです。

文書中に「本日の最高値は1,000μsv/h」とありますが、日本人
が受ける 1 年間の自然放射線の量がおよそ 1,000 マイクロシーベルトですが、ところがこの1 年間の放射線の量を 1 時間で受 けることが 、1,000 マイクロシーベルトということです。非常に危険な量であると言うことです。

さて、もうひとつ、現在の関東地方の放射能の状態を可視化したサイトを見つけたので、見てください。
http://microsievert.net/


今日、第一原発の現場に入りました。

業務上の守秘義務もありますが、書けるだけ書かせて頂きます。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

沢田マンションギャラリーroom38/ポートフォリオ展 - 2013.01.14 Mon

603190_493479777362281_788761680_n-1_20130114203342.jpg

427635_494326917277567_1228225476_n.jpg

63681_494800357230223_540023422_n.jpg


沢田マンションギャラリーは高知にあるギャラリーですが、良いです。
沢田マンションというものそのものが、手作りのマンションで、驚異的な違法建築です。そこにある画廊が、また頑張っているのです。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

米家庭内労働者の知られざる実態 現代の「奴隷制」か、低賃金に虐待も - 2013.01.14 Mon

 アメリカの女中さんの賃金の低さと労働時間の長時間化は、前にも聞いたことがありました。この記事は、それが恒常化し広がっていることを書いています。

 労働条件の悪化は、昨日パーティで出あった方のお話しでは、日本でもひどくなっていて、悪徳会社で、労働者を過酷に使って、法的な労働条件を守らないところがでているとのこと。その方は機械の設計技術者なのですが、たいへんな生活を送っているとのこと。もう一人の方は、公的な相談所で、相談にあたっている方で、裁判を勧めていました。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

失業率の上昇/近代の経済構造の変化 - 2013.01.14 Mon


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ユーロ圏失業率、11.8%=過去最悪更新-11月
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 【ロンドン時事】欧州連合(EU)統計局が8日発表した2012年11月のユーロ圏(通貨統合参加17カ国)の失業率は、季節調整済みで11.8%となり、前月(11.7%)に続き1999年の欧州単一通貨ユーロ導入以降で最悪の水準を更新した。
 欧州債務問題は2012年後半から沈静化しつつあるものの、欧州の実体経済や雇用環境の厳しさが改めて示された格好だ。EU27カ国の失業率は10.7%。(2013/01/08-19:23)

ギリシャ失業率、26.8%=昨年10月、最悪更新(時事通信) - Y!ニュース
headlines.yahoo.co.jp
Yahoo!ニュース


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

人類史の中での文明の成立に見る「ちゃんとしている」ものの抑制性 - 2013.01.11 Fri

12626_467814579945584_1042799850_n.jpg

 人類史の中での文明というもの成立が、人間の精神活動に複雑な事態を生み出していったのだろうと考えます。

 文明は一方で、シェルターとして、古代帝国の都市国家や、城塞都市は、大きな壁で危険を遮蔽して、安寧を人間に約束しました。先日は中国の西安に行って、西安というのは昔の長安ですが、そこに築かれている城壁を私は見ました。

こうした城壁も巨大建築も、そして美術作品も、すべて「ちゃんとしたもの」として古代文明は創ってきています。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

《ライト-アート》と《ヘビー・アート》/「ちゃんとしていない」作品の制作 - 2013.01.11 Fri

3841_467658799961162_728024239_n_20130111161735.jpg

《ライト-アート》と《ヘビー・アート》の作り分けと、並列を、かなり厳密にできました。

《ヘビー・アート》というのは、シリアス・アートであって、「ちゃんとしている」ことが重要な性格であります。

驚いたのは《ライト-アート》というのは、《きばらしアート》であって、つまり「ちゃんとしていない」ものなのですね。会田誠や篠原有司男のような作品は、「ちゃんとしていない」ということによって制作されている《ライト-アート》なのです。



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

栃原比比奈が会田誠展を見る - 2013.01.09 Wed

64077_466886856705023_1314159978_n-1.jpg

彦坂尚嘉様

栃原比比奈さんの会田誠展での収録分をアップ致しましたので、確認の方よろしくお願いします。
以下のリンクになります。
http://architectural-radio.net/archives/130105-10455.html

建築系ラジオのサイトにアップする際、なにか一文載せたい場合は、メールでくださると、助かります。


よろしくお願いします。


坂田真奈美



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

ジョン・ケージ/『4分33秒』 - 2013.01.09 Wed



再び鈴木理策さんからのシェアです。前衛音楽家のジョン・ケージの代表作と言われる『4分33秒』の演奏です。

コンサートは、ジョン·ケージに捧げられたもので、この動画はWeShowアワード米国版でクラシック音楽のトップ10ビデオに選ばれています。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

第8回【《ひこさか Light & Heavyアート塾》】  - 2013.01.08 Tue

64040_467369463323429_1462503831_n.jpg

第8回【《ひこさか Light & Heavyアート塾》】

新年、新しい時代なりました。何かが始まったのです。

一方では巨大軍事国家と監視カメラの過剰防都市の中に私たちは生きていますが、もう一方ではインターネットを基盤としたYouTube動画や電子書籍、ブログ、Twitter、Facebookなどの新しい個人メディアが乱立する時代になりました。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

「ミッソーニ」経営者夫妻ら乗せた旅客機が不明 - 2013.01.08 Tue

282880_466420020085040_572735522_n.jpg

『ミッソーニ』って、鮮やかなマルチカラーのニットウエアで知られるイタリアのラグジュアリーブランドです。そこの社長夫妻が航空機事故で行方不明。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ミッソーニ」経営者夫妻ら乗せた旅客機が不明
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
読売新聞 1月5日(土)23時5分配信


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

公用車32台パンク、一部全半焼 福岡・朝倉 - 2013.01.08 Tue

 公用車が公式の駐車場も無いままに、公園駐車場に止まっている事に無いする怒りなのでしょうね。犯人としては天誅という思いなのかな? テロ行為としては凄いですね。破壊力が大きいのと、警備がまったく無かった。今どきに防犯監視カメラもなかったから、狙われたのでしょうね。ネット上のウイルスもそうですが、人間には悪意があって、こういう行為の裏にはそうした人間の本質としての悪意があるでしょう。公共機関とその公共性の恣意性に対する恨みとか、怒りがある。そうすると防犯をする公的権力の側は、防犯カメラの台数を増やして、監視社会になっていく。もうすでに日本の相当の監視社会になってしまっていますが、そうするとなおさらゲリラが悪質になっていく。怖いとか、暗いとかいう反応も分かりますが、しかし人類の社会そのものが、根底的にこうした面を元々持っている。治安の悪化というのは、極めて深刻な問題ですが・・・最近のメキシコの治安の悪化はすさまじいですね。日本はああならないで欲しいと思います。

公用車32台パンク、一部全半焼 福岡・朝倉

 福岡県朝倉市菩提寺(ぼだいじ)の甘木(あまぎ)公園駐車場で5日午前3時50分ごろ、駐車中の6台が全半焼する火災があり、この6台を含め32台のタイヤがパンクさせられているのが見つかった。すべて公用車という。現場に火の気がないことから、県警は市への嫌がらせやいたずら目的の犯行とみて、器物損壊の疑いで捜査している。

Read More »

関連記事

モーツァルトの豊かさ/『ポントの王ミトリダーテ』 - 2013.01.08 Tue



 モーツアルトの『ポントの王ミトリダーテ』は、14歳のモーツアルトが作曲したオペラです。

 モーツアルトが好きになりました。実は私はモーツアルトを聴くとイライラとして、怒っていたひとなのです。それは《第6次元 自然領域》の音楽に対するいらだちだったのです。でも嫌っていても、それを良いと思っていたのではなくて、モーツアルトの好きな人に会うと、何処が良いのか、教えを請うてきていたのです。

 自殺してしまった清水清一もモーツアルトの好きな人で、何処が良いのか、何を聞けば良いのか、私はしつこく聞いています。もう、清水が何を好きだったのかも忘れてしまいましたが、私を説得は出来ませんでした。映画『アマデウス』もちゃんと見ていますから、単なる普通のモーツアルト嫌いではなかったのです。

自分の意見を変えた大きな切掛けはアドルノの『音楽社会学序説』を立教大学大学院の授業のテキストに使ってからです。アドルノの言う《軽-音楽》というのはオペレッタや、ワルツ、そしてミュージカル、さらにはジャズなのですが、この批判を理解するようになると、彦坂的には《想像界》だけの単層のデザイン音楽で、《第6次元 自然領域》だと言うことになります。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

フランス料理/セルヴェル・ド・ボー (cervelle de veau)と狂牛病 - 2013.01.06 Sun

248703_465903476803361_774095313_n.jpg

 フランス料理に牛の脳の料理セルヴェル・ド・ボー (cervelle de veau) があって、これを昔食べたのですが、牛の脳は白子みたいで美味しくて忘れられません。もっとも脳はその働きを支えるために60%が脂肪であり、コレステロール も多くて健康的な食べ物ではないのですが、だからこそ珍味であったのです。

【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

米、歳出強制削減2カ月凍結 「財政の崖」土壇場で回避 - 2013.01.06 Sun

「財政の崖」は先送りされましたが、2ヶ月後に再燃します。歳出の強制削減を回避するための協議が2月下旬に再度、ヤマ場を迎えるのです。この2013年はけっこう大変な時代になりそうです。

米、歳出強制削減2カ月凍結 「財政の崖」土壇場で回避
2013/1/2 23:44

 【ワシントン=中山真】年初に減税失効と歳出強制削減が重なる米国の「財政の崖」を巡り協議を続けていた民主、共和両党は1日の上下両院で、減税延長などに必要な法案を賛成多数で可決した。オバマ大統領の署名を経て成立する。「崖」への転落による急激な財政引き締めで米経済に深刻な影響が出る事態は土壇場で回避された。ただ、包括的な財政再建策については協議が先送りされ、今後に火種を残している。



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

<桜島>昨年の爆発回数 観測開始以降3番目の多さを記録 - 2013.01.06 Sun

538059_465021276891581_1707913063_n_20130106001432.jpg

<桜島>には行っていませんが、義父の故郷です。見てみたいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<桜島>昨年の爆発回数 観測開始以降3番目の多さを記録
毎日新聞 1月2日(水)23時14分配信


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

中国人権運動の輝き/劉霞氏への不当弾圧 - 2013.01.06 Sun



凄い! すごいビデオです。

先日私のFacebookでも書いたノーベル平和賞受賞者で中国政府に不当弾圧で拘留されている劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の妻で、中国政府に不当に北京の自宅に軟禁されている劉霞(りゅう・か)氏に関するビデオです。

余談ですが、このノーベル平和賞受賞者である劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の顔は、多くの中国人が《固体》であるのに対して、《高温プラズマ》化しています。この人物は、未来の中国社会を切り開く重要な人物です。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

2013年の年賀状の三枚目/《第51〜100次元》のキッチュ - 2013.01.03 Thu

384331_464885356905173_1153717630_n.jpg

 《軽-アート》の問題を追っているとロシアや日本に見られるキッチュ・アートが気になります。

 日本の場合、白隠や岡本太郎、最近の草間弥生に見られる《第51〜100次元》のキッチュが、様態的には《絶対零度》という原始美術への退化形態をとっています。

 私はこれが嫌いなのですが、今日、私の大家さんの家に年始で伺って、そこにある高額の工芸品類を見ると、すべてが《第51〜100次元》で《絶対零度》のキッチュなのです。

 大家さんの庭園も、金のかかった百姓庭ですが、《第51〜100次元》で《絶対零度》のキッチュで、けっこう愕然となったのです。いままで気がつかなかった。藤沢のお百姓なので、昔は肥え樽を担いで延々と歩いていた人なので、原始美術に感性が基礎づけられていても当然ではありますが・・・。

 日本の民衆や大衆というのは、法華経が喝破するように本当にレベルが低くて、むずかしい事は分からないし、高度な芸術は、全く理解できないのです。それは偏差値の高い大学の学生たちに接していても感じることであって、《軽-人格》や《無-人格》の人々が、現実に大量に存在しているのです。ならば法華経が主張したように、その具体的な救済としての芸術を作る必要がある。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

日本経済の見通し - 2013.01.03 Thu

 「アメリカは『財政の崖』さえ乗り越えれば、あとは年後半に向けては、自立的な回復は期待できる。日本経済もそれに伴って回復できると期待していいのではないか」というのです。
 しかしそうなのでしょうか? 日本国内の仕組みそのものを組み替えていかなければ、もはやどうしようもないのではないでしょうか。


日本経済の見通し
日本テレビ系(NNN) 1月2日(水)0時20分配信
 長引く世界経済の減速などを受け、景気が低迷している日本経済。安倍新政権として迎えた2013年、日本経済再生のポイントはどこにあるのか。

 自民党の圧勝で幕を閉じた衆議院選挙。安倍首相が選挙前から訴えていたのが「インフレ目標2%」など、大胆な金融緩和だった。日銀は2012年12月、安倍氏の要請に応える形で追加の金融緩和を決定した。

 こうした政府・日銀の動きに市場は反応し、円は下落、そして日経平均株価は、2012年12月には8か月半ぶりに1万円の大台を回復した。さらに、今月行われる金融政策決定会合で、安倍首相の求める「インフレ目標2%」について日銀の結論が出される見通しで、注目されている。政府・日銀が協調する姿勢を明確にしていけば、日本経済にとっては大きなプラス材料となる。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

2013年の年賀状の二枚目/《想像界》だけの単層、《第6次元 自然領域》 - 2013.01.03 Thu

年賀状2013《想像界》2

 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。というわけで、今度はライトアートの年賀状です。これは《想像界》だけの単層で、《第6次元 自然領域》だけの単層です。デザインですね。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】


Read More »

関連記事

米財政の信認低下、避けられず=「決められぬ政治」重い代償もクリップする - 2013.01.03 Thu

「財政の崖」は取りあえず回避したものの、問題を残したようです。実際に根本の解決はしないで、先送りしているだけですから、これからもそういう政治が続くのでしょう。

米財政の信認低下、避けられず=「決められぬ政治」重い代償もクリップする
時事通信 2013/1/1 19:12

【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

米財政協議、すべての税問題で民主側と合意=共和党上院院内総務 - 2013.01.03 Thu

 「財政の崖」問題で、共和党が、民主党と合意したようです。事実なら、取りあえず良かったということになります。

米財政協議、すべての税問題で民主側と合意=共和党上院院内総務
ロイター 1月1日(火)5時23分配信



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。