topimage

2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回【《ひこさか Light & Heavyアート塾》】  - 2013.01.08 Tue

64040_467369463323429_1462503831_n.jpg

第8回【《ひこさか Light & Heavyアート塾》】

新年、新しい時代なりました。何かが始まったのです。

一方では巨大軍事国家と監視カメラの過剰防都市の中に私たちは生きていますが、もう一方ではインターネットを基盤としたYouTube動画や電子書籍、ブログ、Twitter、Facebookなどの新しい個人メディアが乱立する時代になりました。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事
スポンサーサイト

「ミッソーニ」経営者夫妻ら乗せた旅客機が不明 - 2013.01.08 Tue

282880_466420020085040_572735522_n.jpg

『ミッソーニ』って、鮮やかなマルチカラーのニットウエアで知られるイタリアのラグジュアリーブランドです。そこの社長夫妻が航空機事故で行方不明。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ミッソーニ」経営者夫妻ら乗せた旅客機が不明
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
読売新聞 1月5日(土)23時5分配信


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

公用車32台パンク、一部全半焼 福岡・朝倉 - 2013.01.08 Tue

 公用車が公式の駐車場も無いままに、公園駐車場に止まっている事に無いする怒りなのでしょうね。犯人としては天誅という思いなのかな? テロ行為としては凄いですね。破壊力が大きいのと、警備がまったく無かった。今どきに防犯監視カメラもなかったから、狙われたのでしょうね。ネット上のウイルスもそうですが、人間には悪意があって、こういう行為の裏にはそうした人間の本質としての悪意があるでしょう。公共機関とその公共性の恣意性に対する恨みとか、怒りがある。そうすると防犯をする公的権力の側は、防犯カメラの台数を増やして、監視社会になっていく。もうすでに日本の相当の監視社会になってしまっていますが、そうするとなおさらゲリラが悪質になっていく。怖いとか、暗いとかいう反応も分かりますが、しかし人類の社会そのものが、根底的にこうした面を元々持っている。治安の悪化というのは、極めて深刻な問題ですが・・・最近のメキシコの治安の悪化はすさまじいですね。日本はああならないで欲しいと思います。

公用車32台パンク、一部全半焼 福岡・朝倉

 福岡県朝倉市菩提寺(ぼだいじ)の甘木(あまぎ)公園駐車場で5日午前3時50分ごろ、駐車中の6台が全半焼する火災があり、この6台を含め32台のタイヤがパンクさせられているのが見つかった。すべて公用車という。現場に火の気がないことから、県警は市への嫌がらせやいたずら目的の犯行とみて、器物損壊の疑いで捜査している。

Read More »

関連記事

モーツァルトの豊かさ/『ポントの王ミトリダーテ』 - 2013.01.08 Tue



 モーツアルトの『ポントの王ミトリダーテ』は、14歳のモーツアルトが作曲したオペラです。

 モーツアルトが好きになりました。実は私はモーツアルトを聴くとイライラとして、怒っていたひとなのです。それは《第6次元 自然領域》の音楽に対するいらだちだったのです。でも嫌っていても、それを良いと思っていたのではなくて、モーツアルトの好きな人に会うと、何処が良いのか、教えを請うてきていたのです。

 自殺してしまった清水清一もモーツアルトの好きな人で、何処が良いのか、何を聞けば良いのか、私はしつこく聞いています。もう、清水が何を好きだったのかも忘れてしまいましたが、私を説得は出来ませんでした。映画『アマデウス』もちゃんと見ていますから、単なる普通のモーツアルト嫌いではなかったのです。

自分の意見を変えた大きな切掛けはアドルノの『音楽社会学序説』を立教大学大学院の授業のテキストに使ってからです。アドルノの言う《軽-音楽》というのはオペレッタや、ワルツ、そしてミュージカル、さらにはジャズなのですが、この批判を理解するようになると、彦坂的には《想像界》だけの単層のデザイン音楽で、《第6次元 自然領域》だと言うことになります。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。