topimage

2013-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dプリントで「新たなる産業革命」到来か - 2013.05.16 Thu

942515_524129274314114_498837986_n.jpg

966972_524129294314112_1692343951_o.jpg

253384_524129350980773_916035724_n.jpg

新たな産業革命の到来です。100円ショップを超える驚異の未来社会がやって来ます。もう少し生きていて、見たく思います。

2013年05月06日 15:21 
発信地:ジュネーブ/スイス・
 【5月6日 AFP】新たな産業革命の到来かと専門家らに言わしめ、発明当時の蒸気機関や電信と同じくらいの重要性・可能性を秘めているとされる技術──3Dプリント。  

 どんな物でもボタン一つで作り出すことができるプリンターという発想は、まるでSFの世界の技術に思えるかもしれない。  だが、3Dプリントの技術は現実のもので、既にめざましい発展を遂げている。今や研究室やニッチ産業の域を超えてより幅広い市場に進出する準備はできているようだ。
 

【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事
スポンサーサイト

”大霊界”と東山魁夷 - 2013.05.16 Thu

13278_525314264195615_1351696234_n.jpg

249085_525314294195612_884597823_n.jpg

260434_525314244195617_1818899885_n.jpg

 《ライト-アート》の構造の研究を、鑑賞と実作の両方から進めてきていました。

 見ることは簡単なのですが、《ライト-アート》を制作するのは、やさしくはありません。昨晩、大発見をしました。その象徴的な《ライト-アート》の作家が東山魁夷です。ここに集めた白い馬の絵のようなペンキ絵というのは、いわゆる死後の世界である “大霊界”を描いているのではないのか? 

【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

橋下氏「国際感覚が乏しかったかもしれない」 - 2013.05.16 Thu

 アメリカ文化の場合、日本以上に性的な抑圧が公的な場では強いので、政治の場での発言は無理なので、自分の非を認めた橋下徹の学習性は正しいと思う。

19世紀くらいから権力の公共化が進んで行くので、政治や行政は《正しい》ということが抽象化していく。アメリカ大統領を描いたテレビドラマ「ホワイトハウス」でも、平和を語りながら、その一方でアメリカ大統領が違法に相手国の大統領を暗殺する悪を必要性として描いている。

 建前と本音の2重性は文明の基本となっている。「汝の敵を愛せ」と書いてあるバイブルに手を置いて宣誓していても、その宣誓テーブルの下では侵略し戦争でナパーム弾を落として殺戮していく。同様のことは性的な面にもある分けで、性の抑圧と放縦は、文明の基本的な2重性の要素であると言える。

 文明の成立の根本にダブルバインドの2重性はあるわけで、その事実の中で、弱い人々は犠牲を強いられる。弱者へのしわ寄せと、弱者の救済も2重性であって、ダブルバインドに過ぎない。外交の場は、2枚舌の世界であって、この2枚舌の矛盾に耐えられなければ、『アラビアのロレンス』のイギリス陸軍将校のトマス・エドワード・ロレンスのように死ぬことになる。
 今からでも遅くないから、橋下徹は政治家として成熟する必要がある。

橋下氏「国際感覚が乏しかったかもしれない」
読売新聞 5月16日(木)11時27分配信
 日本維新の会の橋下共同代表は16日午前のフジテレビの番組で、在日米軍に風俗業の活用を働きかけた自らの発言について、「表現の拙さがあった。アメリカで風俗というと売買春を思い浮かべる。国際感覚が乏しかったかもしれない。非常に反省すべきところだ」と釈明した。



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

Read More »

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。