topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私性表現が芸術であるということ(重要加筆) - 2011.10.25 Tue

SATTAさんからのコメントです。

> ありがとうございました。
> それらは写真を撮るための性行為なんでしょうけどさらけ出すのはすごいですね。


koons_71.jpg


 チチョリーナは、現在も政治家です。1979年イタリア最初の環境政党「緑の党」として選挙出馬し、1987年にはイタリア下院議員に当選しています。
 ポルノ女優になったのは、1983年ですが、1989年には引退しています。ジェフ・クーンズと結婚したのは1991年で、息子ルドウィクをつくっているので、ほんものの結婚です。ですからジェフ・クーンズとチチョリーナのセックス写真というのは、職業ポルノの女優と男優の写真というものではありません。つまり職業的なものではなくて、夫婦のセックスを露骨に描いた私的な行為性をもった表現なのです。そのために夫婦関係は破綻して、1992年に離婚しています。WIKIによるとジェフ・クーンズ自身も「まったく、あの経験は僕に社会への責任を意識させてくれた。僕は人情を解する気持ちを失っていたんだ」と反省しています。
 
 しかし私生活としてのセックスを露呈させない限り、あの作品は芸術として成立しなかったのです。なぜなら《真性の芸術》というのは、私性をもった表現だからです。デザインは私性を隠し抑制した表現ですが、芸術は逆に私性をあらわに露呈させ強調する表現なのです。長谷川祐子さんの、アートとデザインの遺伝子を交換するという主張は、原理的には間違いです。芸術は私的な表現性であり続けているのです。

【重要加筆】

しかし、今日の時代の大きな特徴は、《さかしま》であると言うことです。
つまり倒錯しているのです。
天地が逆にひっくり返っている。
だから芸術とデザインが逆さまになるのです。

こうした《さかしま》の時代であっても、基準というのは不変です。
どれほど醜悪な顔のタレントがおもしろがられても、美人は美人です。

ましてや、私性と公的性の確執は、人間社会の根源を形成しているのですから、
倒錯してデザインを芸術としても、美術館ががらくたの山になるだけであって、
そういう不毛性は何も生まないのです。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/167-04fa6eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

格差是正デモ «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。