topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンテラ Cowboys from Hell  - 2011.07.25 Mon

下のYouTube画像が、アマチュアの少年バンドがコピーしているパンテラのカバーの演奏で
上手いものです。



こういう演奏を聴いた方が、パンテラという下層音楽の構造がよく分かると思ったから、
ご紹介したのです。
この種の音楽は、現代のプラズマ音楽の代表的なものです。

聞きやすかったと思うのですが、これは『アートの格付け』で言えば《第8次元 信仰領域》です。
ご本尊のパンテラは、《超次元》~《第6400次元》あるので聞きにくいと思うし、何よりも下品です。
というわけで、本物のパンテラの《第6400次元》の音楽を聴いてみてください。



もう一つ、「Cowboys from Hell 」という同じ曲であるギター教本の演奏です。
私はギターを弾かないし音楽的教養もたかが知れているのでので、細かい演奏テクニックは分かりませんが、なかなか知的ではあるのです。

この演奏も《第8次元 信仰領域》です。《第8次元》というのは、こういうものであるとご理解ください。何かを模倣していけば《第8次元 信仰領域》になるのです。それが悪いわけではないですが、聴きやすいかもしれないですが、《8流》であって、ほんものの音楽ではないのです。




リズムパターンの反復が行われるのですが、リズムの執拗な反復だけではなく音程や和声も反復されます。特に低音およびその上の和声進行を特定のリズムパターンとともに反復する技法を、オスティナート・バス と言うのですが、これはバロック音楽にはたくさん見られるものなのです。つまりこういうスラッシュ・ロックというもの自体が、バロック音楽の現代的な復活と言う面をもっているのです。

というわけでヘンデルの水上の音楽を聞いてみてください。
ヘンデルというのは《第6次元 自然領域》の作曲家です。



バロック音楽というのは、プラズマ音楽ではなくて、固体音楽です。H20の水の状態の変化で言えば、バロック音楽は水という液体状の音楽ではなくて、氷のように固まった固体の音楽なのです。つまり同じオスティナート・バスの音楽でも、バロック音楽とスラッシュロックとでは、固体とプラズマという様態の差が大きくあるのです。



スラッシュメタルの中で、パンテラはローアートの音楽です。
同じスラッシュでもメガデスですとハイアートになります。
メガデスの演奏は格段に高度なものです。
メガデスもまず、コピー演奏です。その方が高度さが分かると思います。
この人の演奏は《第1次元 社会的理性領域》です。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/22-cc325f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日記7月26日2011年(加筆1) «  | BLOG TOP |  » マリアナ・カスティーヨ・デバル(加筆1)

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。