topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンヌ・ドゥメッシューとエリック・サティ - 2012.01.08 Sun

ジャンヌ・ドゥメッシューというのはフランスの女性オルガン作曲者です。
1921年年生まれで – 1968年に亡くなっています。
この人の音楽は、彦坂尚嘉が今言っている《超次元》~《第51200次元》という多層性を良く表しているものですので、見て聞いてみてください。



ジャンヌ・ドゥメッシューの多層性に対して、エリック・サティは、単層性の世界を繰り広げます。

サティの音楽はドビッシーに大きな影響を与えて、モダニズムの音楽の一つの源流だと思います。しかし私にとっては、それ以上にエジプトに代表される文明そのものの発生が生み出した単層性を、よく示している音楽だと思います。



エリック・サティもフランスの音楽家ですが、1866年生まれで、1925年に死んでいます。つまりジャンヌ・ドゥメッシューの方が若くて、彼女が生まれてから4年ほどでサティは亡くなっているのです。

現在の日本でも、多くの人はサティのような単層的な音楽を好み、そして世界をこの様な単層性で見ているのです。安定して生きるためにはこの様な単層化は重要だと思いますので、私はこのような単純な視点を否定しているのではありません。
 しかし現在の3・11以降の世界は、経済崩壊も含めて、ジャンヌ・ドゥメッシューの音楽が示すような多層性が出現してきているのではないでしょうか?



あくまでも比喩ですが、人間の心的世界の全領域は、このオルガン演奏のように多層性であるのです。 次の演奏は本人の演奏です。ジャンヌ・ドゥメッシューは、大変優れたオルガン演奏者であったのです。



さて、もう一度サティを聞いてみましょう。サティの『胎児の干物』という題名の音楽です。
第1曲が、「ナマコの胎児」
第2曲が、「甲殻類の胎児」
第3曲が、「柄眼類の胎児」

サティは、フランス共産党に入党していた人物で、そういう意味でも近代の作曲家でありました。



多くの人は、外部世界を単層化して見ています。つまりサティの水準で物事を理解しようとするのです。そのために理解できないことや、悪や、汚いもの、複雑なもの、デリケートな差異を無視します。

最後に再びジャンヌ・ドゥメッシューの音楽です。多層性の世界を聞いて覚えてみてください。








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/295-4872b6ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セックスレスの若者(加筆1) «  | BLOG TOP |  » M.スコット・ペック/《孤児》の精神の限界と意味

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。