topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低賃金の22%引き下げが生み出すもの - 2012.02.09 Thu

生物の大絶滅

ギリシアの経済危機を破綻させないために、さまざまな模索が行われていますが、その一つが最低賃金の22%カットです。金持ちの金は、ギリシアからすでに大量に逃げ出しているようなので、今度は貧乏人をさらに貧乏にしようとしているようです。しかし最下層をこうして痛めつけて壊していくと、一国の土台は崩壊します。

地球の生物の歴史では、5回の大絶滅があったのです。「ビックファイブ」と言われるこの大絶滅は、様々な原因で起きていると言われますが、一つは、最下層の生物が絶滅すると起きるのです。生物の進化は、弱肉強食です。つまり進化した生物は、その下位の生物を食べると言う形で、進化の梯子ができます。現在の企業でもそうですが、進化した企業が売り上げを上げて、遅れている企業がやられて食われるのです。現在、日本のソニーや、トヨタ、パナソニックが大赤字に転落して、「新興衰退国」と日本が言われるのは、日本の文化が古い産業社会の状態に留まっていて、情報革命を行うことから遅れてきているからで、日本はもはや後進国に転落してきているので、韓国や中国やインドのように情報革命にまい進している国に食われるのです。しかし最下層の国がすべて絶滅すると、強者が食う餌が無くなるので、大絶滅が起きます。

ギリシアは、ヨーロッパ文明の発祥のルーツですが、これが今日ではもっとも遅れた文化になり、しかも社会主義経済で、崩壊しようとしているのです。この事はヨーロッパ文化そのものの衰退や崩壊に無関係ではありません。ギリシアの貧乏人を追い詰めていくことは、決して解決にはならなくて、大崩壊を引き起こすのではないでしょうか。

世界的に大地震が起き、津波と原発事故、そして政治の混迷の中で、世界は大絶滅時代に入ってきているようです。しかし生物の5回の大絶滅のグラフを見れば、大絶滅が起きても、生き残った生物はいて、次の繁栄期に展開していくのです。ですから、大絶滅を怯える必要はないのです。何とかして生き残る方法を模索していくことが重要です。



緊縮財政策・構造改革で大筋合意…ギリシャ
読売新聞 2月9日(木)11時20分配信
 【ロンドン=永田毅】ギリシャ政府は8日、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)などから第2次支援を受けるための前提条件となる緊縮財政策と構造改革について、国内主要政党と協議し、年金の削減水準を除き大筋で合意に達した。

 ロイター通信が報じた。これに先立ちユーロ圏17か国は同日、9日夜(日本時間10日未明)に臨時の財務相会合をブリュッセルで開くことを決めた。ギリシャの第2次支援と債務削減案について協議する見通しだ。

 ギリシャ政府は9日も主要政党との協議を続け、財務相会合までに年金削減での合意を目指す。ギリシャ政府は主要政党と既に医療費、防衛費、公務員数の削減などで合意しており、8日の協議で新たに最低賃金の22%引き下げで合意した。
最終更新:2月9日(木)11時20分








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/338-8dbb5721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セックスレスの時代の歌 «  | BLOG TOP |  » 彫刻の展開1~2

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。