topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ダーレオーエン死去>「涙がとまらない」北島ツイッターで - 2012.05.02 Wed

<ダーレオーエン死去>「涙がとまらない」北島ツイッターで

      【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】
五輪3大会連続2冠を狙う競泳の北島康介(日本コカ・コーラ)にとって、最も強力なライバルとみられていたアレクサンドル・ダーレオーエン(ノルウェー)が4月30日、五輪を目前に控えて急死した。

 ダーレオーエンが、高速水着禁止後のタイムとしては最速の58秒71で優勝した昨夏の世界選手権(上海)男子百メートル平泳ぎ。一度も競ることなく4位に沈んだ北島はレース直後、「強いよ。勝てない、あれじゃ」と脱帽した。ダーレオーエンはそのレースで北島を1秒以上引き離した。前半も後半も強い万能型の選手。北島が再び五輪の頂点に立つには、避けては通れない好敵手だった。


 北島はインターネットのツイッターに「涙がとまらないよ」と悲しみをつづり、報道各社には「良き友、良きライバルであった彼の突然の死に驚いている。この1年、彼を目標にしてきた。オリンピックで戦えることを楽しみにしていたし、彼も楽しみにしていたと思う」との談話を発表した。

 水泳関係者が指摘するダーレオーエンの強さの秘訣(ひけつ)は、研究熱心な向上心にある。北島を長年指導してきた日本代表の平井伯昌ヘッドコーチの元を09年以降、数回にわたって訪れ、「北島に伝えた技術を学びたい」と教えを請うた。

 平井コーチは「日本に何度も来てくれ、自分の選手のように思っていた。大変頭のいい選手。ロンドン五輪では北島といい勝負をしてくれると思ったのだが、残念というより、ちょっと何とも言えない」と、声を詰まらせた。【芳賀竜也】


ダーレオーエン

彦坂尚嘉責任の[ダーレオーエンの顔
]を一枚の絵画として見て言語判定法による芸術分析

1.基本的な性格


アヴァンギャルドな顔である。
クリエイティヴな顔である。
情報量が2000ある。

鑑賞構造は《愛玩》《対話》《驚愕》《信仰》《瞑想》の5つがある。
《ハイアート》の顔である。
《シリアス》な顔である。
《真性の顔》である。


2,格付け

《サ ン トー ム》の眼で《超次元》~《第163万8400次元》の《真性の人格》
《現   実   界》の眼で《超次元》~《第163万8400次元》の《真性の人格》
《象   徴   界》の眼で《超次元》~《第163万8400次元》の《真性の人格》
《想   像   界》の眼で《超次元》~《第163万8400次元》の《真性の人格》

3,芸術概念の梯子

シニフィエと、シニフィアンの同時表示の顔。

理性脳の音楽と原始脳の同時表示の顔。

《透視人格》


《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体の人格》《形骸》《炎上》《崩壊》の全概念梯子がある人格。

《原人格》《人格》《反人格》《非人格》《無人格》の概念梯子がある。

《原-デザイン》《原-イラストレーション》《原-装飾》《原-工芸》
《原大衆人格》《原-キッチュ人格》《原-シンボル人格》・・・の概念梯子が無い。


4,総合判断

○ 上中下で言うと、《特上》の人物。
○ 《サントーム》の精神である。
○ 《プラズマ》様態の人格である。
○ 《妖精》の意識空間である。《宇宙の外部》の意識空間である。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/497-c91986bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マキシマム ザ ホルモンと、ディスゴージ/気の狂った時代(改訂2) «  | BLOG TOP |  » スライ&ザ・ファミリー・ストーン/《サントーム》の音楽の起源は?(追加2改題)

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。