topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティム・バートンの『ダーク・シャドウ』 - 2012.05.22 Tue

ティム・バートンの『ダーク・シャドウ』

dark_shadows.jpg

ティム・バートンの『ダーク・シャドウ』を見てきました。

もともとはテレビシリーズであったのですが、すでに2本映画になっています。この映画の予告が面白いので、まずは見てください。




ジョニー・デップが主演ですが、印象的だったのは魔女を演じたのはエヴァ・グリーンでした。


eva-green-dark-shadows-movie-image-3.jpg

        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】 eva2_2215698b.jpg


『ダーク・シャドウ』の中で最高に面白かったのは、エヴァ・グリーンとジョニー・デップのセックスシーンで、この激しさは必見の面白さでした。ただしエロではありませんので、それを期待する方は失望しますよ。予告編の2にかすかですが部分的に見えます。



eva-green-dark-shadows-movie-image-600x337.jpg



eva-green.jpg

もともともオリジナルはテレビシリーズであったので、最後にそれをご紹介しておきます。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

ティムバートンは80年代の初期作が好きです。
フランケンウィニー、 ビートルジュース 、バットマン、などですね。

最近の作品だと、3D映画ではアリスを観ましたが、
あれは酷かったです。スゥーニートッドは傑作でした。
本作も面白そうですね。

Re: タイトルなし

negaDEATH13様

> ティムバートンは80年代の初期作が好きです。
> フランケンウィニー、 ビートルジュース 、バットマン、などですね。

同感です。シザーズハンド、バットマン・リターンズも良かったですね。

> 最近の作品だと、3D映画ではアリスを観ましたが、
> あれは酷かったです。

《第6次元》だったので、最初は見なかったですが、期待しないで見たので、「頑張っているな」とは思いました。ひどかったのは「猿の惑星」でした。

> スゥーニートッドは傑作でした。

あれは素晴らしかったですね!

> 本作も面白そうですね。

いや、最終的には良くないですね。結局、ティムバートン・ブランドの維持になってきて、ご苦労は分かりますが、困ったものです。見てもそんではありませんが、見なくても良いものです。むしろオリジナルのテレビや、映画の方が、面白いと思います。

>シザーズハンド、バットマン・リターンズも良かったですね。

社会の中のフリークス、マイノリティに対する深い愛情と、
ゴシック・ファンタジーというティム・ブランドの確立がありますね。
シザーハンズもリターンズも、私は何十回と観ています(笑)


>《第6次元》だったので、最初は見なかったですが、
>期待しないで見たので、「頑張っているな」とは思いました。

私の場合「アバター」を観た後の、2回目の3D映画鑑賞だったので、特に落胆が激しかったです。アバターは、あくまで3D映画のために徹底して映像を作り込んでいたのに対し、アリスはその意識が殆どありませんでした。さらに酷いのはジョニー・デップの演技ですね。ジョニー・デップのファンと一緒に観に行きましたが、流石にあの役は無いと言っていました。


>ひどかったのは「猿の惑星」でした。

あれは恐ろしくて手に取る事も出来ません(笑)


>ティムバートン・ブランドの維持になってきて、
>ご苦労は分かりますが、困ったものです。

2000年代に入ってからは、基本的にティムブランドでしか映画を撮っていませんね。
僕的には殆どが8流で、ティムバートンが好きな人達だけが、好んで観ている世界のように感じます。
初期作の自己模倣が多いですが、全部劣化しています。

フランケンウィニーはナイトメア・ビフォア・クリスマスとの同時上映で、
93年当時に劇場で観て感動しましたが、リメイク版は恐らくかなり酷くなると予想しています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/535-dead7b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第52回「ラカンと美術読書会」のご案内 «  | BLOG TOP |  » 様態について【1~3】

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。