topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つの芸術/ジェフ・クーンズの絵画について(3) - 2012.05.25 Fri

どなたかのコメントで、ジェフクーンズの絵画は、どうしても優れた絵画に見えないというご意見をいただきました。

そのお気持ちはよく分かりますが、彦坂尚嘉の芸術分析では、ジェフクーンズの絵画はたいへんに優れている芸術です。

今日の芸術状況は、二つ分かれていて、アメリカの上流階級を中心とした《象徴界》を含む高度な芸術の世界と、アジア・アフリカを中心とした一般性をもった分かりやすい芸術の世界です(ここでは《象徴界》は排除されています)。

もともと芸術には、《高度な芸術》と、そして一般性のある《分かりやすい芸術》の2つがあったのです。もともとと言っても、今のところ私が考えるのは、エジプト時代くらいからです。その前には、2種類の分裂は無かった。

ところがエジプト段階で、2種類に分裂した。

《想像界》《象徴界》の2つの総合性を持つ美術と、《想像界》だけの美術です。

さらに鎌倉時代/ルネッサンスの時代から、芸術は《高度な芸術》と、《分かりやすい芸術》に分裂して同時に出現するようになった。

その《分かりやすい芸術》の代表がジョルジョ・ヴァザーリが『画家・彫刻家・建築家列伝』で激賞したミケランジェロの彫刻や絵画です。

《分かりやすい芸術》が依拠しているのは、人間の《自然な態度》です。その《自然な態度》の基礎が《想像界》なのです。ミケランジェロの彫刻も絵画も《想像界》だけの美術になっています。

その反対の《高度な芸術》の代表はレオナル・ド・ダヴィンチや、ドナテロです。彼らが依拠しているのは《学問的な態度》です。そこには《想像界》《象徴界》《現実界》の3界の総合性としての美術が出現しています。

この2つの態度の分裂が、20世紀になるとさらに過激化します。そのことを記述しているのがオルテガの『芸術の非人間化』という本でした。モダンアートは、世間体アートの外部に出たのですが、そういう外部性がグリンバーグの言ったアヴァンギャルドでした。つまりアヴァンギャルドとキッチュに分裂したのが、1960年代までの芸術でした。

1975年から、芸術状況は、別の2つの分裂を形成するようになります。映画が分かりやすいのですが、クエンティン・ジェローム・タランティーノの映画と、ロバート・ロドリゲスの映画です。この2つは、非常に良く似ているのですが、タランティーノの映画が《高度な芸術》であるのに対して、ロドリゲスの映画が《分かりやすい芸術》なのです。

この2つの分裂は、美術では、ジェフ・クーンズと、ダミアンハースト(村上隆)として出現します。ジェフ・クーンズの美術が《高度な芸術》なのですが、ダミアンハースト(村上隆)は《分かりやすい芸術》なのです。

ジェフ・クーンズの《高度な芸術》は、《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界の総合性として成立しています。

これに対してダミアンハースト(村上隆)の《分かりやすい芸術》は、《想像界》《現実界》の2つだけで成立しているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジェフ・クーンズをキッチュで、下品な美術と考える人は、たぶんタランティーノの映画も下品なものとしてしか理解できないでしょう。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

ジェフク―ンズ

2011年のブログですとジェフク―ンズの絵画の格は21~30次元愛欲領域、キッチュと判定されていますが、これは言語判定法で判定したのではなかったのでしょうか?
あとロドリゲスとタランティ―ノの人格判定においてはほぼ同じ人格に判定されておりましたが 作品としてはロドリゲスが分かりやすいんでしょうか?
両方とも 4界ありプラズマ様態で超次元から200次元でしたが

美術作品の鑑賞について

彦坂様は、美術作品を鑑賞する際には20回はその作品を見ないと、作品の価値を判断することができないとおっしゃられていますが、繰り返しの鑑賞に際して間隔や体調というのはどのくらい考慮に入れなければならないのでしょうか? 私自身が実践すればいずれ分かることですが、後学のためにアドバイス賜りたく、よろしくお願い致します。

Re: ジェフク―ンズ

坂出太郎様

> 2011年のブログですとジェフク―ンズの絵画の格は21~30次元愛欲領域、キッチュと判定されていますが、これは言語判定法で判定したのではなかったのでしょうか?

言語判定法で判定していますね。
http://hikosaka4.blog.so-net.ne.jp/2011-02-04-5

この時はブログのタイトルが『彦坂尚嘉の《第200次元》アート』になっています。
今のブログの題名は6400次元ですが、実際には《第163万8400次元》までを見ています。

この差が生み出した、測定の誤差だと言えます。

ジェフ・クーンズの『イージーファン=イーサリアル(Easyfun-Ethereal)』というシリーズは、今見ても、普通の肉眼で見ると、キッチュに見えます。

しかし《第163万8400次元》まで見る目で見ると、〈想像界〉で、超次元から《第163万8400次元》まである、《真性の芸術》に見えるのです。

この《200次元》と《第163万8400次元》の違いというのは、デジタルカメラのISOに対応していることが、すでに発見されています。つまり感度の差なのです。

ISOが《200》のカメラには、21から30次元のキッチュに見えた絵画が、ISOが《163万8400》のカメラで見ると、《真性の芸術》に見えるようになったというわけです。

感度によって、芸術の評価が変わったという事実です。

このことも含めて、ブログで書くつもりなのですが、その前に《現実界》しかない人間の話をアップしなければなりません。その後に必ずジェフ・クーンズを書きますので、お待ちください。私にとってもジェフ・クーンズの評価は重要な問題を含んでいるのです。

ロドリゲスのことも、たぶん、同じような問題を含んでいるかもしれないので、取り上げたいとおもいますが、今は、先送りさせてください。とにかく、なかなか集中して書けなくて、申し訳ありません。





> あとロドリゲスとタランティ―ノの人格判定においてはほぼ同じ人格に判定されておりましたが 作品としてはロドリゲスが分かりやすいんでしょうか?
> 両方とも 4界ありプラズマ様態で超次元から200次元でしたが

Re: 美術作品の鑑賞について

KNUTH Yoshi様

コメントありがとうございます。

> 彦坂様は、美術作品を鑑賞する際には20回はその作品を見ないと、作品の価値を判断することができないとおっしゃられていますが、繰り返しの鑑賞に際して間隔や体調というのはどのくらい考慮に入れなければならないのでしょうか? 私自身が実践すればいずれ分かることですが、後学のためにアドバイス賜りたく、よろしくお願い致します。

20回といったのは、音楽評論家を1980年頃にやっていたとこのことです。
私自身は、繰り返し見るこうにしているのは、今もそうで、美術作品ですと、40年間も繰り返し見て、判断を変えてきています。

作品の判断や評価は、その時の自分の成長過程の中で変わっていきます。音楽も同様です。
作品を鑑賞することを繰り返す中で、自分の人格や判断力を成長させていく必要があると思っています。そしてそれは楽しいことです。

なるほど

質問に答えてくださりありがとうございました。カメラに対応しているのですね。記事を楽しみにしております。

Re: 美術作品の鑑賞について

彦坂様

アドバイス頂きありがとうございます。
美術は私が考える程簡単なものではないということですね。私も楽しみながら美術と一生つきあっていきたいと思います。

KNUTH Yoshi

ジェフクーンズ好きです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/543-071f376e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルなし «  | BLOG TOP |  » 《現実界》だけの人との研究に向けて(2/4)

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。