topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・スワンの下品さ - 2012.06.16 Sat

今、帰ってきたところです。これからレンタルビデオ屋のゲオに行きます。

ブラックスワンを遅まきながら借りてきました。
まあ、有名であったことと、知人の多くが見ていて、良い映画だと言っていて、評価の高いものであったからです。私がすぐに見なかったのは、《第1次元 社会的理性領域》の映画で超次元の名作ではなかったからでした。

途中まで見ましたが、良くない映画なので、見るのを止めます。

芸術になっていません。デザイン映画で、しかも生理的に痛い映画でした。痛みのある表現をします。下品です。

主演のナタリー・ポートマンは、『宮廷画家ゴヤは見た』で素晴らしい演技だったので、見たかったのですが、上品すぎる繊細な私の感性では、見るに耐えないしろものです。

 《第1次元 社会的理性領域》から50次元の映画ですから、本当はモダンアートの高級映画=ハイアートで作られているはずで、そのように見せかけているのですが、内容はデザイン映画で、大衆映画の直接性に還元されています。

その意味では、新手の大衆映画です。

つまり《ハイアート》の枠組みで、《ローアート》にしているのです。

バレーの高級な物語を、ホラー漫画にしたようなしろものでしょうか?

スポンサーサイト

● COMMENT ●

アロノフスキ―

ダ―レンアロノフスキ―は「π」が有名ですね。これは塚本晋也監督の「鉄男」の影響が強い作品です。たぶん次に「レクイエムフォードリーム」を監督してますが、これはアニメ監督の今敏さんの「パーフェクトブルー」のパクりも入っています。
特徴として、手持ちカメラで撮るからかカメラ酔いをするから苦手な方がいるようです。パクり色が強く、じめじめした雰囲気の映像なんでほとんどみなかった監督です。ブラックスワンに関しては、じめじめした不潔なグロさがやはりあり見るにたえない場所はありました。
こうしたじめじめしたグロさは塚本晋也監督の「鉄男」を思いだし、アニメの今敏さんの「パーフェクトブルーー」にもあるように思います。
腐った傷口をわざわざ観客に見せたり、傷を見せる傾向がありますね。そこが見ていてきつい部分です。アロノフスキ―監督自身の感覚なのかオマ―ジュしている日本人監督の真似なのかはわかりませんが。

..

「パーフェクトブルー」を最初にみた時からかなり時間がたっていたので ブラックスワンをみても気がつきませんでしたが、今敏ファンからしたら構図からパクりがあるとの指摘があります。
アロノフスキ―監督自身は「パーフェクトーブルー」のリメイク権まで持ってますが、影響は否定しています。「パーフェクトーブルー」の格はどうなのでしょうか?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/571-a78e1552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

価値の相対化について[1~2] «  | BLOG TOP |  » 《象徴界》が消えるということ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。