topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートビジネススクールへのお問い合わせ/手伝ってくださる方へ - 2012.10.08 Mon

このところブログが更新できずに、失礼致しました。

タマダプロジェクトの玉田俊雄さんと意見調整をしておりまして、玉田さんの考えることが規模が大きいので、
全貌をなかなか公表できません。

すでに何人かの方から、《アートビジネススクール》に関して、まず、お手伝いをしてくださるという希望の方からのお問い合わせをいただいています。最初の方で、コメント欄に書き込んでくださったり、タマダプロジェクトに電話をくださった方とは、すでにお電話でお話をしています。

まず、基本的な事から申し上げますと、私が経営者では無いので、お答えすることが良いとはおもいませんが、基本を申し上げると、手伝っていただくのに、2つのタイプがあります。一つは、普通の雇用関係と言うことです。

雇用関係の場合、これは就職ということなので、普通の履歴書を提出していただく必要があります。つまりこちらの雇用条件を判断していただくという形での情報発信と共に、求職される方の情報も発信していただく必要があります。これは基本ですので、ご了解ください。

学歴は不問です。
履歴書には通常のスタイルの正面からの顔写真を付けてください。
応募の理由を書いてください。

もう一つの場合というのは、起業ですので、パートナーとして参加していただくという場合です。これに関しても自己紹介をしていただきたいので、普通の形式の履歴書を付けてくださると分かりやすいです。顔写真もお願いします。興味を持たれた理由や、お考えを書いていて頂ければと思います。


さて、求職の方々には、今の段階は、まず彦坂尚嘉の単独責任で、小規模に藤沢の彦坂尚嘉のアトリエで《前衛実験アトリエ》というのを始めて行きますので、それを見学していただければと思います。

玉田俊雄さんは用意に慎重なのでタマダプロジェクトでの本格的な開始は来年の3月を考えています。場所は東京の月島ですので、通勤可能な方を想定しています。求職の場合でも、基本的には起業ですので、やる気のある方を求めています。

通信教育というのも考えていて、これも《前衛実験アトリエ》として、彦坂尚嘉の責任で小規模に始めようと思っているので、それを手伝ってくださる、とりあえずボランティアの方も探しています。こちらもご協力のできる方、ご連絡をお待ちしています。

タマダプロジェクトの給料は基本的には日本の常識的なレベルを考えています。玉田俊雄さんのお考えになっている塾は、本格的なので、労働に数などによって細部を決めたいと思っていますが、まだ始まっていないので、何とも言えないところがあります。普通に就職先と考えてくださっても良いですが、とにかく、能動的で積極的でないと無理です。


        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】 下記は、玉田俊雄さんからのメールです。

各スクールのブログやフェースブックでの対外的な公表は、以下の内容に限定し、問い合わせ
に対して深く、慎重に対応することで如何でしょうか?

公開する内容は、以下で如何でしょうか?あとは、彦坂さんの判断で如何でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A)国際教養人塾スクール「世界と向き合う、戦う」
(ART=パスポート:国際社会で活動するために)

*国際社会と世界:敬意は何処から生まれるか?

*ARTは個人の趣味?

*美しい国とは?

*文化立国と日本人の品格

*文化立国とアイデンティティー

*文化立国とアジアのリーダー

*芸術立国と世界のリーダー

*新国家像(文化立国、芸術立国、創造立国、観光立国)

*バウハウススクール



*《彦坂塾》『名品の見分け方、探し方』(出版を視野に入れて組み立てませんか?)
  ①芸術鑑賞検定講座
  ②名品解説講座
  ③日本美術の国際性と品格
  ④芸術鑑賞講座
  ⑤言語判定と芸術分析入門
  ⑥基礎教養講座
  ⑦自己表現:実技制作コース(誰でもアート)

B)コレクター塾(世界で光るコレクター/小さくとも世界レベルのコレクター

C)アートポートフォリオ塾(本物のアートインベストメント)

D)アートディーラー塾(国際アートビジネススペシャリスト育成)

E)ギャラリスト塾(国際ギャラリスト&アートビジネスエキスパート育成)

F)実践アートマネージメント(プロのアートマネージメント:社会人対象)

G) Gアーティストスクール

H)キッズ教育指導者養成(こども未来塾/対象:アーティスト,クリエーター、保育士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上を対外的に公表することで如何でしょうか?

C)、D)、E)、F)、H)の内容は、追加で対応します。
ご理解のほどお願い致します。

たまだ
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/683-ddf8c2bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

《高級音楽研究会》/中堀克成 «  | BLOG TOP |  » イタリアのアルテ・ポーヴェラの作家:ボエッティ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。