topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米有力紙“輸出立国日本の終わり”  - 2012.10.17 Wed

 日本の製造業の衰弱について調べ始めています。それはコレクターの衰弱にも影響を与えてきているからです。
 今年の初めの記事ですが、現在のソニー、パナソニック、トヨタの巨大赤字化と、ルネサスエレクトロニクスとシャープなどの破綻の予告となっていたようです。


        【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
米有力紙“輸出立国日本の終わり”
1月25日 13時9分

アメリカの有力紙「ウォールストリート・ジャーナル」は、
「輸出立国、日本の時代の終わり」というタイトルの記事を1面に掲載し、
歴史的な円高が続くなか、企業の海外移転が加速し貿易赤字を抱える状態が続けば、
日本は、巨額の債務の返済に苦しむ事態に直面するおそれがあると指摘しています。
この記事は、24日付けの「ウォールストリート・ジャーナル」に掲載され、
歴史的な円高によって輸出の採算が悪化し、
生産拠点の海外移転が進んでいる日本の製造業を取り巻く構造的な変化を取り上げています。
この中では「日本は、製造業の力と輸出を中心にした貿易政策で、
世界の市場に自動車や家電などの製品を次々と投入してきたが、もはやそうした時代は終わった」としたうえで、
円高がこのまま続けば、日本は今後数年間貿易赤字を抱えることになるという専門家の見方を紹介しています。
そのうえで、少子高齢化が進み、景気の低迷が続くなか、貿易赤字を長期的に抱えることになれば、
日本が債務国に転落する可能性があるという見方を示し、
「財政危機に陥っているイタリアよりも大きな債務の負担を抱える日本が、将来、債務の返済に苦しむおそれがある」
と指摘しています。
記事では、戦後、輸出が主導する形で「日本の奇跡」と呼ばれる成長を成し遂げた日本が、
巨額の貿易黒字を抱え、国際社会で摩擦を生んだ歴史を紹介し、
貿易赤字を抱えるに至った日本の姿を「驚くべき変化だ」と結論づけています。

情報出典:http://news.2chblog.jp/archives/51669324.html
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/695-57da01d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本は未来を取り戻せるのか? ■未来工業株式会社の山田昭男に学ぶ■ «  | BLOG TOP |  » トヨタ、再雇用で「ハーフタイム勤務」試行へ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。