topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2012.10.17 Wed

中村 昌弘様 
コメントありがとうございます。たいへん興味深いご著書だと思い、Amazonで早速注文させていただきました。

実は、今、月島にあるタマダプロジェクトという大きなスペースを使って、新しいアートと工業製品やビジネスとの組み合わせを追究する学校を立ち上げようと超一流性を進めているところです。

ご協力いただけないでしょうか。一度、その月島にあるタマダプロジェクトでお目にかかれないかと思います。

以下の企画書の下書きをご検討頂ければと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アートビジネス国際教養人スクール.

 日本の限界が明らかになっている現在、リスクを回避して日本国内に縮小していくだけでは日本のアートは生き得えません。Macの超一流の美しい製品に見られるように、アートはもはや趣味の問題では無くてビジネスに直結した価値として、国境を越えて、欧米文明のみならず、中国文明、アラブ文明、インド文明等々の異文明の多面的な交易と交流と展開して、グローバルに進めなければなりません。

 iMacが登場したのは、1998年5月でしたが、これは工業製品が芸術であるクオリティを持って登場した最初であったのです。今日のiPhonの美しさもそうですが、それは超一流の芸術の存在をもつゆえに、強力な魅力を人々に与えているのです。アンドロイドが2流であるのと比較すると、その美しさの差は大きいのです。
 
 異なる文明の多様な価値観や趣味性、宗教星、世界観を互いに認め合いながら、日本人としてMacの美意識に拮抗する超一流の工業製品の開発と、その基礎たり得る超一流の美術作品、建築作品、音楽作品を作り出す教養豊かな人格形成が必要な時代になっているのです。
 
 日本の美術史の豊かさと超一流性を自覚することで豊かに成長させて、積極的に海外への挑戦をして、未来を切り拓いていく力が求められます。
多様性をもった人格の表れが、芸術力をつくります。人格を豊かに、幅広くしていくことが、国際競争力をつけるのです。
 
 こうした認識のもと、国際芸術教養人スクールは「国際教養と豊かな人格」という新しい教学理念を掲げ、美術に限らす、建築、音楽、文学をはじめとする諸芸術の豊かさを学び、外国語の卓越したコミュニケーション能力と豊かな教養、グローバルな専門知識を身に付けた実践力のある人材を養成し、国際社会と地域社会に貢献するアートの成立をはかること理念としています。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/697-b7b2c978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

White cube 様 «  | BLOG TOP |  » 日本は未来を取り戻せるのか? ■未来工業株式会社の山田昭男に学ぶ■

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。