topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プッシー・ライオット - 2012.10.24 Wed

「プッシー・ライオット」の2人が、地方刑務所に護送されたようです。大変ですね。

私はドミートリイ・ショスタコーヴィチが好きで、スターリンの恐怖政治の中で自らの音楽を展開した偉大さを尊敬しています。「プッシー・ライオット」も弾圧にめげずにバンド活動を続けて欲しいものだと思います。



          【続きは下記Read More をクリックして下さい】 アムネスティ・インターナショナルは、彼女たちを良心の囚人と認めています。
政治犯救援組織 Союз солидарности с политзаключенными (СПП) からも、政治犯と認定されています。

wikiによれば、プッシー・ライオットは、演奏中もインタビューに応じるときも、鮮やかな色のドレスとタイツの衣装に目出し帽で顔を隠している。この集団は10人ほどで演奏を行なうが、これとは別に15人ほどが技術面の裏方や、インターネットにポストされるビデオの撮影・編集などを行なっているといいます。

「軽率な言行、政治色の強い歌詞、フェミニスト的言説の重要性、非標準的な女性イメージ」を追究しているというバンド活動を、私は支持します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
反プーチンバンドのメンバー、地方の刑務所に移送=弁護人

ロイター 10月23日(火)11時17分配信


10月22日、ロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバー2人が、モスクワの拘置施設から地方の刑務所に送られたと、弁護人が明らかにした。写真は10日の控訴審でのメンバーら(2012年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 22日 ロイター] ロシア首都モスクワの大聖堂で反プーチン政権の曲を演奏したとして禁錮2年の有罪判決を受けた女性パンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバー2人が、モスクワの拘置施設から地方の刑務所に送られたと、弁護人が22日明らかにした。

同バンドのメンバー3人は今年8月、フーリガン行為の罪で禁錮2年の判決を言い渡された。今月10日に開かれた控訴審では、エカテリーナ・サムツェビッチ被告が執行猶予付きの有罪に変更され釈放されたが、マリア・アリョーヒナ被告とナジェジダ・トロコンニコワ被告の量刑は変わらなかった。

弁護人は、2人がモスクワの刑務所での服役を希望したが受け入れられなかったとし、どの刑務所に送られたかは分からないと述べた。移送後に親族が連絡を受けることになっているが、数日かかることもあるという。

トロコンニコワ被告がモスクワの東約500キロにあるモルドビア共和国の刑務所に、アリョーヒナ被告がモスクワの東約1100キロにあるペルミ地方の刑務所にそれぞれ送られたとの情報もあるが、確認できていない。

2人の判決をめぐっては、欧米諸国から判決が厳しすぎるとの声が上がっていた。

3679_434022116658164_41610379_n.jpg
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/710-dc1a15f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

尼崎連続変死事件 «  | BLOG TOP |  » F1レーサー小林可夢偉の顔

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。