topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2012.11.18 Sun

ひこさか私塾axmen3
今日の『ひこさかL&Hアート塾』の授業も無事終わりましたが、さすがに激しくたびれました。

一つは、現場で会場が再び動いて、アルマーニの展示会場に使われているタマダプロジェクトの中に移動しました。

 アルマーニを撮影は禁止されていてできないので、ネット画像を上げておきますが、服の内容はさすがに凄くて感心しました。《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》《α》《β》《γ》《Δ》まであって、さすがだと思いました。そういう意味ではファッションでここまでの質ならば、アートはもっとレベルをあげないとだめだと改めて思いました。

 内輪の話で申し訳ないですが、玉田俊雄さんが今日は授業を正面から聞いてくださいました。日大芸術学部卒業の彫刻家の女性アーティストがFacebookを見て来てくれて、彼女が若い美しい女性ということもあって、私はやたらに頑張って授業をしましたが、実は正面から聞いてくれていたのは玉田さんだったのです。
 授業は、たとえばロスコーがライト・アートに過ぎなくて良くないというような話は、学生の彼女には私の視点をブログも読まずに来ているので、急に理解するのは無理でしたが、玉田さんには同意してくれる眼の成熟性があって、だれに授業しているか分からないところがありました。そういう意味では、玉田さんに聴いていただいたのは、非常に有益でした。

 さて、次回ですが、アルマーニの展示が本格化するので、次回11月24日は、会場を藤沢の有限会社 前衛実験NETART(旧気体分子ギャラリー)に移して、開催します。

【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】


第4回【ひこさかL&Hアート塾】試運転講座

第1次限目は、講義:装飾性について

第2時限目は、実技演習:レディメイド入門/認識としての芸術

第3時限目は、講義:彫刻とは何か、その人類史的変貌課程

第4次元目は、読書:ハンス ベルティング『美術史の終焉 ? 』(2)

日時:11月24日(土)13:00~
場所:有限会社 前衛実験NETART(旧気体分子ギャラリー)
   〒252-0813
   藤沢市亀井野3−23−11
   電話0466-90-4560
   

【連絡先】
参加希望の方は、(1)生年月日、(2)住所(郵便番号も)、(3)緊急連絡先(携帯電話番号またはメールアドレス)を添え、ご希望の講義名を明記して申し込んでください。
メールtpc@tamada-pj.co.jp



講師:彦坂尚嘉
■■■■■■■■■■■■■■■■
第1次元・13:00~14:30
第2次元・14:40~16:10
第3次元・16:20~18:00
第4次元・18:10~19:40
■■■■■■■■■■■■■■■■

【受講料】
第1次元 講義:3000円
第2次元 実技:2000円
第3次元・講義:3000円
第4次元・読書:1000円

藤沢まで来てもらうのは、たいへんなので人数は少なくなると思いますが、有限会社 前衛実験NETART もまた、活動拠点なので、楽しんでいただければと思います。授業中の飲み物、食べ物がありませんので、各自自由にご用意ください。持ち込み自由です。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/747-1be7c2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ひこさかL&Hアート塾』:受講者の声 «  | BLOG TOP |  » ◆◆◆文学フリマに出店◆◆◆

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。