topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひこさかL&Hアート塾』:玉田さんからのメール - 2012.11.20 Tue

542571_445476095512766_1105094135_n.jpg

先日のタマダプロジェクトでの授業に、玉田さんが次のようなメールをくださいました。

>On 2012/11/18, at 8:36, Tamada Projects Corporation wrote:
>みなさん2時限目、3時限目が反応よかったですね。

立教での学生もそうですが、
一番の本質論は、だいたい通じませんね。
自分の内部に深く関わる話は、聞こえないようです。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】




人格というものと芸術は深く結びついていて、その人の好きな作品がその人の人格を示しています。

そういう深刻な問題は、話としては上手く成立しないのです。ですから、人格との結びつきという主題は止めた方が良いのでしょうね。

やめる代わりに、別のシステムで『芸術分析アーティスト・コンサルタント』をやりたいと思います。秘密厳守で、一対一の個人授業ですね。

一般的にも、今の日本は衰弱してきているので、そうした新興衰退国の人格にあった、衰退的なアートをみんな良いと思うのです。たとえば白隠の作品です。

白隠はおもしろい江戸の禅僧ですが、その作品は、年齢を経るごとに原始的な絶対零度の美術に退化していきます。まるでアフリカの黒人が描いたような異様な水墨画や書になっていきます。

伝統的には評価しないで、一部で注目されてきた異端のものです。そういうものが今の日本に浮上してくる。

BUNKAMURAで開催される白隠展は各期的だと思います。私も学生時代から見てはいますが、全貌は見たことが無いので、楽しみにしています。

白隠展の芸術分析は授業でやってみたいと思います。

前はブログで書いていましたが、これからが授業に場を移して行いたいと思います。その時その時の美術展を取り上げて、きちんと芸術分析する作業はしていきたいものですね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

上の作品は自分の目には漫画っぽく見えます。会田さんの作品も漫画っぽく見えます。今現在の大衆文化は漫画、アニメの表現だと思います。
切り捨てますが、そういう時代なのでしょう。

この先の時代を予測します。
これからインターネットの影響で、ひとそれぞれの答えが正解という考えが「大衆」に広まるでしょう。その先でようやく「大衆」に芸術が理解できる時代になるでしょう。
それにはあと15年かかると思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/749-cf8eb10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

後期のオープニング | 彦坂尚嘉の《41次元アート》ブログ[ 2007-03-21 23:09 ] «  | BLOG TOP |  » 習総書記 党幹部の腐敗撲滅への姿勢を強調

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。