topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』 なぜ、ルネサンスが起きたのか? - 2012.12.13 Thu

「宇宙は無数の原子で構成され、神も造物主も存在しない」と書いた本が紀元前1世紀に書かれていて、1417年に発見されて大きな影響を与えたという。レオナルド・ダ・ヴィンチも、ニュートンも、マキャベッリ、この本が示した古代の自然哲学的思索に触れていたという。この本の影響ですべてが変わっていくことになる。

『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』 なぜ、ルネサンスが起きたのか?

HONZ 12月12日(水)9時42分配信

(スティーヴン グリーンブラット・著、柏書房)
本書の主役である「すべてを変えた一冊」とは、地球が世界の中心ではないことを明らかにしたガリレオの『天文対話』でも、生命に進化という概念をもたらしたダーウィンの『種の起源』でもない。暗黒の中世に別れを告げ、大航海時代を迎えようとしていた1417年のヨーロッパで、その一冊は1人のブックハンターの手によって発見された。

その一冊とは、紀元前1世紀頃に著された『物の本質について』である。詩人であり、哲学者であったルクレティウスの手によるこの本は、古代ローマの同時代人にも受け入れられることなく、時の経過とともに忘れ去られていく。そのため、15世紀初めの頃には『物の本質について』は写本の一冊も見つけられない幻の書となっていた。この本が発見されなければ、ルネサンスの起こりはもっと遅れていたかもしれない。この本の価値に気づき、その内容を広めようとする人がいなければ、近代の姿は今とは大きく異なるものとなっていたかもしれない。



2012年のピュリッツァー賞を受賞した本書は、失われた『物の本質について』を探し求めるブックハンターの足跡を中心に物語られていく。そのハンターはどのようにしてこの本を発見したのか、『物の本質について』には何が書かれていたのか、そして、どのようにすべてを変えたのか。本書の物語は一冊の本を巡る冒険譚から、知の大転換点にまで広がりを見せる。

もちろん『物の本質について』は、その一冊だけですべてを変えたわけではない。どんな一冊にもそんな力はないだろう。しかし、この本がキリスト教的世界にどっぷり浸かっていた人々に、新たな世界を見せつけ、探究心を閉じ込めていた制約から逸脱するきっかけを与えたことは間違いない。アイザック・ニュートンも、レオナルド・ダ・ヴィンチも、この本が示した古代の自然哲学的思索に触れていた。その影響は科学者や芸術家にとどまらない。『君主論』のニッコロ・マキャベッリは、一冊丸ごと書き写した写本を残すほど、『物の本質について』を読み込んでいた。

ラテン語の散文詩である『物の本質について』の意味するところは、誕生から2000年が経過した現代の我々にとっては、驚くほど受け入れやすいものである。なぜならルクレティウスは、宇宙は無数の原子で構成され、神も造物主も存在しないと宣言しており、現代の科学的知見に符合する部分が多いからだ。彼はこの本で、快楽主義で知られるエピクロスの考えを広く伝えることを目指しており、禁欲的な自制を強要する宗教に疑義を呈している。この画期的なはずの一冊は大きな注目を集めることもなく、キリスト教が台頭するにつれて人々の記憶から消えていく。世界を変えるはずの一冊は、無職のブックハンター、ポッジョ・ブラッチョリーニに見つけられるまで、1000年以上もひっそりと息を潜めることとなる。


1380年イタリアに生まれたポッジョは、書記官としてローマ教皇に仕えていたが、あるきっかけでその職を失う。彼が次の職を探すでもなく始めたのが、ブックハントだ。14世紀中頃以降のイタリアでは、古代ローマやギリシア時代の失われた古典作品の発掘がブームとなっていた。とはいえ、グーテンベルク以前の時代にお目当ての本を探し出すことは容易ではない。なにしろ15世紀中頃、フィレンツェで最大のコレクションを誇っていた人文主義者の蔵書でさえ800冊程度であったというほどに、本の絶対数が少なかったのだ。この絶望的な状況で、ブックハンターたちがこぞって目指したのは、修道院である。議論すら禁止された敬虔な修道院の図書館に、多神教時代の活発な議論によって構築された古代が保存されていたというのは、なんとも皮肉な話だ。

ある修道院で『物の本質について』の写本を発見したとき、ポッジョはこの本が貴重な大発見であること、そして、この本の内容が世間に許容されるものではないことを理解していた。果たして、「人間を他のあらゆる動物から区別する理由もない」と訴えるこの本は、聖職者集団から学校で読むことを禁止され、終にはその流通も制限されてしまう。しかし、一度解き放たれた知の洪水を、誰にも止めることなどできはしない。『物の本質について』の思想はゆっくりと広まり続け、道徳により押さえつけられていた人々の好奇心を解き放った。そして、ルネサンスが起こり、すべては変わってしまった。本書には、その過程が詳細に描き出されている。

一冊の本はときに、本を読む前の自分と、読んだ後の自分が別人のように感じられるほどの体験を与えてくれる。『物の本質について』と出会った人々は、まさにそのような体験をし、写本や自著への引用などによってその体験を広めていった。本書には、知を追い求めずにはいられない、知を伝えずにはいられない人々の姿がある。エピクロスをルクレティウスが伝え、ルクレティウスをポッジョが伝え、そして、ルクレティウスとポッジョの邂逅を本書の著者グリーンブラッドが私たちに伝えてくれる。時間も空間も大きく離れた古代ローマで生まれた思考が、不思議なほど近くに感じられる。1000年後の人々は、現代の本に手を取っているだろうか。どのような本がすべてを変えたと考えているだろうか。我々は、どんな一冊を未来へ残せるだろうか。

村上 浩
スポンサーサイト

● COMMENT ●

白蓮 さん

彦坂さんはBlogからfacebookに移行したようです。
Blogの記事はほとんどfacebookの記事のコピペですし。
彦坂さんはfacebookでは、ちゃんと同意にも反論にも皆様に誠実にコメントを返してくれてますよ^^


白蓮さんもfacebookに登録してみてはいかがでしょうか?
そのためには顔と本名を誠実に表明する必要がありますが。

僕には誠実さも度胸もないので顔を晒さず、こそこそと盗み見してますが・・・;

お返事

オレンジさん

すみません、ブログに戻ります。
あすから、中国に行くので、ちょっと動きは悪くなりますが、ブログにシフトを戻すつもりです。

>「人間を他のあらゆる動物から区別する理由もない」

私は男は知を求める、女は知を求めないという性質が違うという区別をしています。
生物それぞれに性質があり、それに合わせた対応が必要であると考えます。

すべての生物は原子で出来ていたとしても、「物」ではありません。『物の本質について』原子で出来ているというのが「本質」ならばそれが「本質」でしょう。
わたしはそれが物の本質だとは思いませんね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/788-5d6f55b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美代子容疑者自殺、県警「落ち度ない」 全容解明困難に «  | BLOG TOP |  » 会田誠/天才でごめんなさい展

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。