topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美代子容疑者自殺、県警「落ち度ない」 全容解明困難に - 2012.12.14 Fri

重大犯罪の主犯を自殺させておいて、県警に落ち度が無いというのも、どうかと思う。しかし自殺の問題はむずかしいのは事実で、先日の日本ラカン協会の2次会でも、会長の若森栄樹先生と話したのが、精神分析医の患者が自殺した場合に責任があるのか? と言う問題であった。ラカンの患者でも自殺者は出ているらしい。

美代子容疑者自殺、県警「落ち度ない」 全容解明困難に
朝日新聞デジタル 12月12日(水)15時45分配信

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、角田(すみだ)美代子容疑者(64)が12日、自殺した。周辺で6人の遺体が見つかり、なお3人が行方不明の事件の捜査はこれから本格化するところだった。弁護人には「生きていても意味がない」と話し、前日には死をほのめかしていた。主犯格とされる容疑者の死亡で、全容解明は困難になった。

 「落ち度や規定違反はない」。県警は午前9時半から約1時間、留置管理課の橋本真佐男次席が本部で発見の経緯を説明し、ミスがないことを強調した。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

 美代子容疑者は死亡前日の11日、取り調べを受けるため午後6時52分に留置場を出て、約1時間後に留置場に戻った。午後8時35分、巡回していた留置管理課員が「体調はどう?」と尋ねると、「大丈夫です。(気にかけてくれて)すいませんでした」と笑顔で頭を下げたという。

 課員は、美代子容疑者が取り調べ直後、疲れてふらふらしていることがあるため、気にかけて体調の変化を聞いたという。ふだんは睡眠導入剤を服用しているが、とくに落ち込んだ様子はなかったとしている。

 美代子容疑者は、尼崎市の民家から男女3人の遺体が見つかった10月以降、4回にわたり留置管理課員に自殺をほのめかしていたという。初めて「死にたい」と漏らしたのは10月22日で、留置管理課員に「どうやったら死ねますか」と尋ねていた。

 捜査関係者によると、同居していた親族の橋本次郎さん(当時53)の死体遺棄容疑で11月初めに逮捕される直前、「話したいことがある」と取調官を呼び、「私が自殺したら済むんです」とも漏らしていた。

朝日新聞社
スポンサーサイト

● COMMENT ●

>精神分析医の患者が自殺した場合に責任があるのか?


グレーゾーンだと思います。責任があるとも、ないともいえない。というのが答えだと思います。
もし責任を問うようなことがあれば、すべての医者が責任を問われる事になるでしょう。医療ミスはすべて責任を問われ、病気での死さえ医者に責任を問われる事になるでしょう。

自分は犯罪者は病人であると認定しています。病気はだれの責任か?という問いが出ますが答えは本人以外ありません。これ以外の答えはないと考えています。

異論がある肩は是非意見を下さい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/789-1f363240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■会田 誠《巨大フジ隊員VSキングギドラ》1993年■  «  | BLOG TOP |  » 『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』 なぜ、ルネサンスが起きたのか?

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。