topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦坂尚嘉の中国西安旅行2 - 2012.12.20 Thu

2012年12月17日

 今朝は9時集合出発のパックのツアーに参加して、夜の7時にホテルに帰ってくるという強行軍で、2つの古墳美術館を見学しました。

 まずは秦の始皇帝稜と兵馬俑、そして漢陽稜博物館。
2006年にオープンした地下遺跡展示館は、内容も、美術館建築の画期性においてもすばらしいもので、風邪をひいている比比奈さんもすっかり喜んで感動していました。

 最近の中国の古墳の発掘はすごいのは、知っていましたが、美術館建築でも創造性を発揮していて驚くべきもので、必見ものなのですが、日本人はほとんど行かないようです。
帰ってきても両方とも心に残る古墳とテラコッタの群像類でありました。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

2012年12月18日

 中国旅行で、選挙結果を見るのが遅れましたが、私が支持している小沢一郎が惨敗しましたね。

「小沢氏の魅力は『数は力』。
数が保てない小沢氏からは仲間も有権者もこれからもっと離れていく。
自民党県連関係者はこう話し、小沢氏の影響力は『なくなった』」と言い切ったという指摘は当たっているでしょうが、しかしそれでも私は小沢一郎を支持し続けます。

 政治というのは一寸先は闇なのですから、闇を選択できなければいけないのです。
支持する以上、最後の最悪の状態でも支持は変えないのです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/800-ee63a240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彦坂尚嘉の中国西安旅行3/中国の古さについて «  | BLOG TOP |  » ブッゲ・ヴェッセルトフト

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。