topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2012.12.26 Wed



 ボビー・マクファーリンは私の長女に教えられた音楽家です。

 マクファーリンは、全て自身の声だけで多重録音して、この音楽でグラミー賞の3冠を1988年に達成しています。

 声だけで多重録音して、伴奏に楽器を一切使っていない曲ですが、アメリカのヒットチャートでNo.1を獲得し、伴奏に楽器を一切使っていない曲としては史上初だそうです。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】


 歌声に変化を加える方法として、歌いながら胸や頬を叩くなどの技巧も用いています。非常に自然で、等身大の音楽のように聞こえますが、アフリカ音楽の伝統を背景としながらも、全く異質な今日的なデジタル時代を背景にした高みに達しています。音楽性が高いのに驚かされますが、父はオペラ歌手のロバート・マクファーリンで、教養があるのですね。

 彦坂尚嘉的に言うと、《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》のすべてがあって、高温プラズマ化していて、20階建ての多層芸術です。《格》としても《超次元》〜《第163万8400次元》あって、パーフェクトな芸術家です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 デジタル時代で、シンセサイザーが当たり前になったからこそ、自然な人間の声の多様性が、新しいリアルとして高温のプラズマ化した表現性を獲得できるということを示しています。

 同じ事は絵画にも言えて、絵画は死んだと言われますが、手描きの表現の可能性は、プラズマ化した高層表現では十分に可能だと言うことができます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/809-7fcc9e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国、世界最長の高速鉄道が開通へ «  | BLOG TOP |  » 彦坂尚嘉の中国西安旅行7/新しいタイプのアートムーブメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。