topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、世界最長の高速鉄道が開通へ - 2012.12.26 Wed

中国、世界最長の高速鉄道が開通へ
AFP=時事 12月25日(火)21時13分配信

AFP=時事
【AFP=時事】中国の北京(Beijing)と広東(Guangdong)省広州(Guangzhou)を結ぶ2298キロメートルの世界最長の高速鉄道が26日、全線開通する。平均時速300キロで、これまで22時間かかった北京・広州間を8時間でつなぐ。


 中国の列車には乗れませんでしたが、私の小さな中国旅行の経験では、高速道路も高層ビルディングもすべてが凍り付いた《固体》でした。片側4車線でまっすぐな高速道路を140キロで爆走するタクシーはすばらしいのですが、しかし運転する運転手の人間精神は古いのです。野蛮人が機関銃を握って戦争をすると強いと言いますが、前近代の古い人間がドイツ車を走らせると速いのです。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】



 本来は近代精神である《液体》の様態において作られるべき高速道路や高層ビルそのものが、前近代の凍り付いた《固体》精神で作られているのです。中国の近代化は一見進んでいるように見えますが、にもかかわらずそうでは無くて、依然として前近代の《固体》の精神の人間が、何のことは無い、《液体》の近代精神や《気体》の現代精神が作り出した高速道路や高速鉄道、高層建築を模倣盗作しているのです。

中国人は、前近代のままで生きているように私には見えました。本物のルイ・ヴィトンと偽物のルイ・ヴィトンがあるとすると、それは同じであるとする見方もありますが、それは《想像界》だけの軽-人格の人の目から見れば区別は付きませんが、《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4層のリテラシーを持つプロの目では偽物のルイ・ヴィトンは偽物なのです。

彦坂尚嘉の芸術分析の目で見れば、中国の近代化は偽物の近代化/現代化です。それは近代化の精神の様態変化(つまり氷が融けて水になって流れ出す)や、現代化の精神の様態変化(水が沸騰して水蒸気になる)を欠いているが故に、偽物は偽物であり続けて行きます。まるで冷凍庫のような世界であって、近代社会や現代社会の高い温度の状態ではないのです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

私も中国に行った事があり、そのときにホテルに泊まったのですが中に入った途端、言いようのない不安な気持ちになりました。専門的な事はわかりませんが、日本のホテルとは根本的に「つくり」が違うように感じましたね。

高速鉄道は乗りたいとはおもえませんね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/810-13dcbf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「棕櫚の日曜日」制作のきっかけ /矢内 靖史個展の告知 «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。