topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人権運動の輝き/劉霞氏への不当弾圧 - 2013.01.06 Sun



凄い! すごいビデオです。

先日私のFacebookでも書いたノーベル平和賞受賞者で中国政府に不当弾圧で拘留されている劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の妻で、中国政府に不当に北京の自宅に軟禁されている劉霞(りゅう・か)氏に関するビデオです。

余談ですが、このノーベル平和賞受賞者である劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の顔は、多くの中国人が《固体》であるのに対して、《高温プラズマ》化しています。この人物は、未来の中国社会を切り開く重要な人物です。


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

中国共産党政府はノーベル平和賞受賞者である劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏を政治的理由から不当弾圧して拘留す、さらに奥さんまでおも不当監禁しているのです。奥さんの劉霞(りゅう・か)さんも、その人格は《高温プラズマ》化しています。


訪れた中国の人権活動家の胡佳(こ・か)氏らが監視員の一瞬のすきをつき、監視を突破して数分間面会して、涙ぐみながら奥さんの劉霞(りゅう・か)氏が耳打ちする様子が映っているビデオです。

蛇足ですが、この中国の人権活動家の胡佳(こ・か)氏も、その人格は《高温プラズマ》化しています。

赤色中国の多数が《固体》の人格であるのに、人権活動をしている人々の人格は、高温プラズマ化しているのです。人権をめぐって戦われているのは多数の要素ですが、その一つには、人格における様態の戦いなのです。


私は感動しました。なによりも、今日のビデオ作品としての輝きがあります。これほどのドキュメンタリービデオのカメラは始めて見ました。反天皇制全国個人共闘・秋の嵐という非公開のドキュメンタリーも凄かったし、先日の廃いゆー子の武蔵野美術大学のライブのカメラ(坂田真奈美)も良かったですが、ここにご紹介するのはリアルタイムのリアル画像です。


あえて言う必要もありませんが、彦坂尚嘉的にはこれは芸術であって、《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》の概念梯子があります。しかも高温プラズマ化している。このカメラは凄い! 《超次元》〜《第163万8400次元》の重層性があります。

《軽-アート》を芸術と錯誤することを欲望している人々にとっては、芸術とは夢であり、現実逃避であり、永年の生命なのです。現在の日本人の多くはこうした教養主義的な芸術観の中にいます。

ですから多くの人が理解してくれないのは知っていますが、産業革命以降、つまり18世紀以降の《真性の芸術》とは、こうした《破壊》性をもったものです。

情報化社会の《軽-アート》と《真性の芸術》の決定的な違いは、真実と事実に、知的に深く主体的に立ち向かう破壊的欲動なのです。

破壊と言っても、たかがしれたものです。わずかな面会であり、そしてささやかな言論の自由なのです。

なぜに、このささやかさを弾圧するのか?
真実があるからです。
権力は、不当にも小さな真実を圧殺する。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/829-2d228e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<桜島>昨年の爆発回数 観測開始以降3番目の多さを記録 «  | BLOG TOP |  » 2013年の年賀状の三枚目/《第51〜100次元》のキッチュ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。