topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュリオシティ、火星で夜間撮影を実行…“夜の岩” - 2013.01.30 Wed

58239_476235985770110_1079083507_n.jpg

火星の写真です。おもしろくはありませんでしたが、面白いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
キュリオシティ、火星で夜間撮影を実行…“夜の岩”
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
レスポンス 1月27日(日)21時30分配信



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

1月24日、NASAは火星を探索するキュリオシティから送られてきた、夜に撮影された岩のイメージを公開した。

火星の岩のイメージは、白熱光LED(発光ダイオード)の照明の中、ローバー・キュリオシティのロボティック・アームの先端に装着されたマーズ・ハンド・レンズ・イメージャー(MAHLI)カメラによって夜間に初めて撮影されたもの。

MAHLIはローバーが火星で活動し始めてから165日目にあたる、2013年1月22日の日が暮れてからこのイメージを撮影した。

このイメージは1.3インチ×1インチ(3.4センチ×2.5センチメートル)の範囲をとらえたもの。照明はMAHLIの白光LEDペアの1つが担っており、岩の表面に影をもたらし、細部の確認を可能にしている。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

地球の写真と言われてもわかりませんね。(微笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/880-b3542b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ブームタウン・ラッツ」が四半世紀ぶり再結成へ «  | BLOG TOP |  » 米バーンズ・アンド・ノーブル、今後10年で最大3割強の店舗閉鎖へ=報道

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。