topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英リチャード3世の遺体、500年ぶり発見か 鑑定結果発表へ - 2013.02.05 Tue



シェークスピアの『リチャード3世』は、狡猾、残忍、豪胆な人物で、怪異な容貌と鬱屈した野心もっています。ローレンス・オリヴィエ監督・主演で映画化されていて、私はそれで見ています。その実物の遺体が見つかったという報道です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
英リチャード3世の遺体、500年ぶり発見か 鑑定結果発表へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
CNN.co.jp 2月4日(月)12時0分配信


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

(CNN) 英イングランド中部のレスターで見つかった男性の遺体が、死後500年以上も所在が分からなかった中世のイングランド王、リチャード3世の遺体ではないかとの見方が強まり、調査団が4日に発表するDNA鑑定の結果に注目が集まっている。

リチャード3世は、シェークスピアの劇でおいを殺して王座を奪った極悪人として登場する。1485年の戦いで戦死した。

レスターの遺体は駐車場の下の地面から昨年8月に見つかり、身体的特徴が一致することなどからリチャード3世ではないかとの期待が高まった。確認のため、直径の子孫に当たるカナダ出身の家具職人、マイケル・イプセン氏のDNAを使って鑑定が行われていた。

関係者は、DNA鑑定の結果を待たなくても、状況証拠は十分にそろっていると話す。背中が曲がった遺体の特徴は、シェークスピアなどが描写したリチャード3世の特徴と一致。発見場所にはかつて修道院があり、位の高い人物が埋葬されていた。歴史上の記録に残るリチャード3世の埋葬場所とも一致するという。4日の発表に先立ち、戦闘で負った傷跡が残る頭蓋骨の写真も公開された。

リチャード3世のファンでつくる団体などは、誇張や作り話によってリチャード3世は名声を汚されてきたと主張。今回の発見によって学会は歴史認識の是正を余儀なくされると期待を寄せる。

遺体がもしリチャード3世のものと確認されれば、記念碑のある市内の大聖堂に安置され、国葬が営まれる可能性もある
スポンサーサイト

● COMMENT ●

>遺体がもしリチャード3世のものと確認されれば~


鑑定結果によりその遺体のなにが変わるのでしょうか?なにも変わりません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/890-f86d0bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ツイッターにサイバー攻撃=25万人のパスワード流出 «  | BLOG TOP |  » 映画『漫才ギャング』

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。