topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターにサイバー攻撃=25万人のパスワード流出 - 2013.02.06 Wed

中国からのサイバー攻撃が頻発しているのですね。米中戦争と言えるのかもしれません。日本は攻撃を受けているのにも気がつかなかったりして
(笑)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ツイッターにサイバー攻撃=25万人のパスワード流出
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 【サンフランシスコAFP=時事】米ツイッター社は1日、同社が運営するツイッターがサイバー攻撃を受け、約25万人のパスワードが盗み取られたと発表した。
 最近、米紙ニューヨーク・タイムズやウォールストリート・ジャーナルがハッカーによって侵入される事件が相次ぎ、中国がサイバー攻撃の出所になっているとみられている。ツイッター幹部は自社への攻撃の出所を確認していないものの、「攻撃者の力量は極めて高く、他の企業・組織も同様の攻撃にさらされたと考えている」と述べた。(2013/02/02-13:30)


【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ハッカー攻撃に「懸念増大」=中国と協議する必要-米
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 【ワシントン時事】米国務省のヌーランド報道官は1日の記者会見で、ニューヨーク・タイムズ紙やウォール・ストリート・ジャーナル紙が中国からのハッカー攻撃を受けた問題について「脅威への懸念が増大している。中国側に対して、これに関する協議を継続する必要があることを明らかにしている」と述べた。(2013/02/02-09:44)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
WSJ紙もハッカー被害=中国、米メディアへ侵入拡大
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は31日、同紙のコンピューターシステムが中国からのハッカー攻撃を受けていると報じた。中国報道を監視するのが目的とみられるという。ニューヨーク・タイムズも30日、4カ月にわたるハッカー被害を明らかにしており、米メディアを標的にした中国からのサイバー攻撃が拡大している。
 ウォール・ストリート・ジャーナルの親会社ダウ・ジョーンズのスポークスマンは「中国報道に関連したネットワークへの侵入は現在も続いているが、顧客や記者、ニュースソースを守るための措置を取っている」と強調した。被害程度は明らかにしていない。侵入経路の一つは北京支局だったという。(2013/02/01-08:25)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
NYタイムズにハッカー攻撃=温首相報道の情報入手狙う
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は30日、同紙が過去4カ月にわたり中国人ハッカーの執拗(しつよう)な攻撃を受け、記者や職員のパスワードを盗まれたと報じた。同紙が温家宝中国首相の親族の蓄財を報じた2012年10月から攻撃が始まっており、関連情報を入手するのが目的だったとみられている。
 同紙はセキュリティー専門家に依頼し、コンピューターシステムへの侵入者を排除することに成功した。しかし、それまでにハッカーはパスワードを入手して職員53人のパソコンにアクセス。温首相親族の記事を書いた上海支局長や元北京支局長のメールアカウントにも侵入していた。
 この記事と関係のない情報を入手しようとした形跡はなく、取材経緯などを探るための侵入とみられるが、編集責任者は「微妙な内容のメールやファイルへのアクセス、ダウンロード、コピーが行われた形跡はない」と指摘した。顧客データは盗まれていないという。(2013/01/31-14:32)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ハッカー攻撃関与「でたらめ」=中国
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は1日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル紙などが中国からのハッカー攻撃を受けたと訴えていることについて「そうした攻撃と中国政府・軍を結び付けるのは、でたらめだ」と政府などの関与を否定した。
 洪副局長は「ハッカー攻撃の出所をたどるのは極めて困難で、即断するのは無責任だ」と非難。中国政府は法に基づき、ハッカーによる攻撃を摘発していると主張した。(2013/02/01-18:21)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

米エネルギー省にサイバー攻撃=職員らの情報盗まれる
時事通信 2月5日(火)11時23分配信
 【ワシントン時事】米エネルギー省が1月中旬にサイバー攻撃を受け、職員らの情報が盗まれていたことが分かった。ただ、機密情報は影響を受けなかったという。同省スポークスマンが4日、明らかにした。
 エネルギー省は原子力を含むエネルギー政策を統括し、核兵器や核施設の管理も担っている。どこから攻撃を受けたのかなど、詳細は不明。 
スポンサーサイト

● COMMENT ●

情報を盗まれてなにが困るのでしょうか?隠したいことをしているからでしょう。(お金以外)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/891-8d4cf067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

才能とアーティスト «  | BLOG TOP |  » 英リチャード3世の遺体、500年ぶり発見か 鑑定結果発表へ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。