topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2013.02.20 Wed

62110_489200481140327_495069555_n.jpg

 先ほども『反覆』という自著の、《くつがえす》という意味を書きました。
 最近痛切にいろいろな形で突きつけられるのは、自分の考えや、話が他人に伝わらないということです。誤解しかされなくなっている。被害妄想もたぶんにあるのでしょうが、自分の認識が、他人とは、簡単には共有されるものでは無くなってきた。自分の考えを整理するのに良いのはおしゃべりなのですが、おしゃべりもうるさがられるようになってきて、話し相手もいなくなった。



【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】  ならば、おしゃべりは止めて、自分の思考の追跡は、なるべく他人のあまり見ないサイトで、コツコツと毎日書いていく。他人にさらしている場所では、ストレスを他人に与えないような発言だけをして、言論人としては事実上引退する。66歳ですから丸くなっても良い年齢です。

 自動車の登場で、人は遠くまで行けるようになったという移動の自由の拡大を《進歩》と言えば、進歩があれば《退化》があるのです。この《退化》の拡大を見ないと、今日の『自動車の登場で、人は遠くまで行けるようになったという移動の自由の拡大を《進歩》と言えば、進歩があれば《退化》があるのです。この《退化》の拡大を見ないと、今日の『日本が溶けてゆく』(扶桑社新書)とか、『リスクに背を向ける日本人』 (講談社現代新書)、『下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち』 (講談社文庫) 等々の指摘が、何故に起きるのかが理解できなくなります。《進歩があれば退化がある》のです。コンピューターが発達すれば、人間の脳は退化する面を生じるのです。同様に芸術も退化します。「芸術が溶けてゆく」、「芸術に背を向ける日本人」、「下流志向《
名画を見ないで漫画を読む青年たち、絵画を学ばないで、劇画の写真興しを学ぶ芸大生》」ということも起きているのです。このような《進歩があれば退化がある》という
避け得ないものです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

>自分の認識が、他人とは、簡単には共有されるものでは無くなってきた。

私はだれとも共有できませんので少数でも共有できるとはうらやましく思いますね。

進歩による退化の話ですが、退化により進歩があるともおもいます。

彦坂さんの理論でいくとすべてを知っている人が一番優れた作品を作るという事になります。
現実には少しの知識でも優れた作品を作ることが出来ると思います。(今現在の実情は悪いと思いますが)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/921-d32e5713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全クリエイターの創作活動と世界進出を支援する本格映像制作スタジオ「YouTube Space Tokyo」がオープン! «  | BLOG TOP |  » 《第8次元 信仰領域》について

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。