topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《第6次元》《第8次元》を主潮とする日本文化(校正1) - 2011.09.09 Fri

久しぶりにnegaDEATH さんから、コメントをいただきました。
日本文化というものの本質を指摘した質問で、大変に興味深いものがあります。


negaDEATHです。

彦坂様 

「ザ・ウォーカー」はシネマレビューサイトでの平均評価は10点満点中、5.73点とかなり低く、興行としては失敗に終わった作品でした。



彦坂尚嘉責任による[ 「ザ・ウォーカー」 ]の芸術分析

《想像界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現


《シリアス・アート》《気晴らしアート》の同時表示。
《ハイアート》と《ローアート》の同時表示。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。
理性脳と原始脳の同時表示

《透視映画》オプティカル・イリュージョン【A級映画】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》
《形骸》《炎上》《崩壊》のすべてが有る。

貴族の芸術と、大衆の芸術の同時表示。

作品空間の意識の大きさが《グローバル》である。
鑑賞構造があって、それは《驚愕》《信仰》である。


【negaDEATH】
以前紹介されていた「プレデターズ」も、平均評価は5.49点でさらに悪く、映画ファンの間では完全に駄作として扱われています。このような作品を芸術という観点から再評価されている記事は非常に面白いです。







彦坂尚嘉責任による[ 「プレデターズ」]の芸術分析

《想像界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現


《シリアス・アート》《気晴らしアート》の同時表示。
《ハイアート》と《ローアート》の同時表示。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。
理性脳と原始脳の同時表示

《透視映画》オプティカル・イリュージョン【A級映画】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》
《形骸》《炎上》《崩壊》のすべてが有る。

貴族の芸術と、大衆の芸術の同時表示。

作品空間の意識の大きさが《宇宙》である。
鑑賞構造があって、それは《驚愕》《対話》である。




【negaDEATH】
彦坂さんは北野武の映画はご覧になられた事がありますか?私は北野監督の初期作品である「3-4X10月」「あの夏、いちばん静かな海」「ソナチネ」を芸術映画として高く評価しています。



彦坂尚嘉責任による[ 「3-4X10月」 ]の芸術分析

《想像界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現


《シリアス・アート》《気晴らしアート》の同時表示。
《ハイアート》と《ローアート》の同時表示。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。
理性脳と原始脳の同時表示

《透視映画》オプティカル・イリュージョン【A級映画】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》
《形骸》《炎上》《崩壊》のすべてが有る。

貴族の芸術と、大衆の芸術の同時表示。

作品空間の意識の大きさが《近代国家》である。
鑑賞構造があって、それは《驚愕》《信仰》である。





彦坂尚嘉責任による[ 「ソナチネ」 ]の芸術分析

《想像界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現


《シリアス・アート》《気晴らしアート》の同時表示。
《ハイアート》と《ローアート》の同時表示。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。
理性脳と原始脳の同時表示

《透視映画》オプティカル・イリュージョン【A級映画】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》
《形骸》《炎上》《崩壊》のすべてが有る。

貴族の芸術と、大衆の芸術の同時表示。

作品空間の意識の大きさが《近代国家》である。
鑑賞構造があって、それは《驚愕》《信仰》である。


【negaDEATH】
今回の記事のテーマでもある「抑制された色調」というモノが、この3作品には際立っています(俗に「キタノブルー」と称されています)しかし逆に言えば、それは刺激が無く退屈なものであるため、上記の作品はどれも興行的には失敗に終わりました。特に海外から高い評価を受けた「ソナチネ」は、日本での興行収入が8千万円で制作費の5分の1以下の結果に終わり、1週間で上映が打ち切られる映画館もあったそうです(ちなみに「ソナチネ」が上映された93年当時にヒットした邦画は「ゴジラvsモスラ」「REX 恐竜物語」「水の旅人 侍KIDS」などです)





彦坂尚嘉責任による[ 「ゴジラvsモスラ」 ]の芸術分析

《想像界》の眼で《第8次元 信仰領域》の《工芸》
《象徴界》の眼で《第8次元 信仰領域》の《工芸》
《現実界》の眼で《第8次元 信仰領域》の《工芸》


《想像界》の表現。
固体の表現


《気晴らしアート》
《ローアート》
シニフィエの表現。
原始脳の表現

《原始映画》ペンキ絵映画【B級映画】

キッチュ

大衆の芸術。

作品空間の意識の大きさが《村》である。
鑑賞構造が無い。《娯楽》《見せ物》《気晴らし》






彦坂尚嘉責任による[ 「REX 恐竜物語」 ]の芸術分析

《想像界》の眼で《第6次元 自然領域》の《工芸》
《象徴界》の眼で《第6次元 自然領域》の《工芸》
《現実界》の眼で《第6次元 自然領域》の《工芸》


《想像界》の表現。
固体の表現


《気晴らしアート》
《ローアート》
シニフィエの表現。
原始脳の表現

《原始映画》ペンキ絵映画【B級映画】

キッチュ

大衆の芸術。

作品空間の意識の大きさが《村》である。
鑑賞構造が無い。《娯楽》《見せ物》《気晴らし》






彦坂尚嘉責任による[ 「水の旅人 侍KIDS」 ]の芸術分析

《想像界》の眼で《第8次元 信仰領域》の《工芸》
《象徴界》の眼で《第8次元 信仰領域》の《工芸》
《現実界》の眼で《第8次元 信仰領域》の《工芸》


《想像界》の表現。
固体の表現


《気晴らしアート》
《ローアート》
シニフィエの表現。
原始脳の表現

《原始映画》ペンキ絵映画【B級映画】

キッチュ

大衆の芸術。

作品空間の意識の大きさが《村》である。
鑑賞構造が無い。《娯楽》《見せ物》《気晴らし》




Re: 《第6次元》《第8次元》を主潮とする日本文化
negaDEATH 様

> 「ザ・ウォーカー」はシネマレビューサイトでの平均評価は10点満点中、5.73点とかなり低く、興行としては失敗に終わった作品でした。以前紹介されていた「プレデターズ」も、平均評価は5.49点でさらに悪く、映画ファンの間では完全に駄作として扱われています。このような作品を芸術という観点から再評価されている記事は非常に面白いです。

興行的に失敗した事は、私にも予想出来ます。
「ザ・ウォーカー」は、『北斗の拳』の模倣作品ですが、しかし模倣してレベルを上げているのです。見るのも苦しい程の抑制であり、しかもその基本にあるのはキリスト教の信仰としてのバイブルの存在、つまりバイブルというのは神そのものです。言葉が神なので、そういう事なのですが、日本の観客の多くが、バイブルを読んだ事も無いのですから、つまらなくしか思えないのは当然です。
 つまり北斗の拳が空手文化を基調にしているのに対して、聖書そのものへの信仰を基調にしたアクション映画なのです。しかも根底にあるのは西部劇の枠組みです。

「プレデターズ」も、たいへん奇麗な映画ですが、日本の観客が求めるものはキッチュであり、低俗映画なのに、ここにあるのは低俗なフリをした高級映画なのでした。そのことが最高に面白いのに、それを鑑賞する力は、日本人の教養の低さでは無理なのです。

日本の大衆が求めるものは、あくまでもキッチュな娯楽であって、低俗性のある娯楽しか求めていないのです。そこには高級な文化への根深い恐れとコンプレックス、そして忌避があります。


> 彦坂さんは北野武の映画はご覧になられた事がありますか?

最初の『この男凶暴につき』からHANA-BIまで、全て見ていて、評価は高いです。

> 私は北野監督の初期作品である「3-4X10月」「あの夏、いちばん静かな海」「ソナチネ」を芸術映画として高く評価しています。

私も「3-4X10月」はすばらしいと絶賛致します。

>今回の記事のテーマでもある「抑制された色調」というモノが、この3作品には際立っています(俗に「キタノブルー」と称されています)しかし逆に言えば、それは刺激が無く退屈なものであるため、上記の作品はどれも興行的には失敗に終わりました。特に海外から高い評価を受けた「ソナチネ」は、日本での興行収入が8千万円で制作費の5分の1以下の結果に終わり、1週間で上映が打ち切られる映画館もあったそうです(ちなみに「ソナチネ」が上映された93年当時にヒットした邦画は「ゴジラvsモスラ」「REX 恐竜物語」「水の旅人 侍KIDS」などです)

ヨーロッパの観客の教養の高さが、日本には無いのです。
その理由は、つまり北斗の拳が空手文化を基調にしているのに対して、聖書そのものへの信仰を基調にしたアクション映画なのです。根底にあるのは西部劇の枠組みです。

単純化して言えば、ヨーロッパは文明であるのに対して、日本は文明が無くて、原始であるという事です。吉本隆明的に言えば、日本の大衆の元像には、原始社会が生きていて、日本人は黄色い猿なのです。黄色い猿として、動物的な原始能の娯楽を求める気持ちが強くあるように思えます。 それはそれで良いのであって、無理してヨーロッパ化しなくても良いのです。

私は『HANA-BI』も美しい「キタノブルー」であったと思います。浅草芸人の北野武がこの映画をつくって、しかし日本人はこれを観に行かない人が多くいるという所に、日本の文化の限界があります。しかし限界があるのは日本だけではなくて、アメリカでも、フランスでも、イタリアでも、それぞれの国の限界があります。限界があるという事は、避けがたい事なのです。





彦坂尚嘉責任による[ 『HANA-BI』]の芸術分析

《想像界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元》~《第6400次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現


《シリアス・アート》《気晴らしアート》の同時表示。
《ハイアート》と《ローアート》の同時表示。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。
理性脳と原始脳の同時表示

《透視映画》オプティカル・イリュージョン【A級映画】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》
《形骸》《炎上》《崩壊》のすべてが有る。

貴族の芸術と、大衆の芸術の同時表示。

作品空間の意識の大きさが《近代国家》である。
鑑賞構造があって、それは《驚愕》《信仰》である。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

彦坂様

熱心にお返事の記事を書いて頂き、ありがとうございます。
とても勉強になります。

『HANA-BI』も良い作品だと思いますが、
少し賞を意識した作りになっているのが気になります。
結果的にはヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞を受賞して、
以後の北野作品はどんどん低迷していきます。

キリスト教文化への造詣が浅い日本人に「ザ・ウォーカー」の深い面白さが理解出来ないというのは納得です。これは2008年にアメリカで記録的なヒットを飛ばしたバットマンの最新作「ダークナイト」でも言える事ですが、あれだけの大作であるにも関わらず日本ではそれほどヒットしませんでした。これもやはり日本人にキリスト教の素養が無いため「人の心に棲む悪魔」という概念が無いから解らないのでしょう。

私も「プレデターズ」は劇場で観ています、確かに美しい映像でした。
しかし多くの観客は痛快なアクション性に期待している訳なので、
戦闘シーンの少なさにガッカリしているのですね。

アクション映画で高い芸術性を感じるのは、有名作で恐縮ですが「ターミネーター2」です。
こちらはシュワルツェネッガーのアクションバリバリの映画ではありますが、
全編に渡り抑圧されたブルーの色調と生々しい暴力描写は初期北野映画に通ずるものがあります。
http://www.youtube.com/watch?v=6d0bSCu2kZg&feature=related

Re: タイトルなし

negaDEATH 様

> 『HANA-BI』も良い作品だと思いますが、
> 少し賞を意識した作りになっているのが気になります。
> 結果的にはヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞を受賞して、
> 以後の北野作品はどんどん低迷していきます。

ほんと、この後の低迷はひどいですね。
この原因というものを論じてみたいとは思っています。

> キリスト教文化への造詣が浅い日本人に「ザ・ウォーカー」の深い面白さが理解出来ないというのは納得です。これは2008年にアメリカで記録的なヒットを飛ばしたバットマンの最新作「ダークナイト」でも言える事ですが、あれだけの大作であるにも関わらず日本ではそれほどヒットしませんでした。

「ダークナイト」は見ていなかったので、見てみます。ただ今は締め切りに追われて多忙の極地でして、さすがにビデオを見る余裕がありません。

>これもやはり日本人にキリスト教の素養が無いため「人の心に棲む悪魔」という概念が無いから解らないのでしょう。

日本人の多くは、そもそもバットマンシリーズそのものが好きではないでしょう。

> 私も「プレデターズ」は劇場で観ています、確かに美しい映像でした。
> しかし多くの観客は痛快なアクション性に期待している訳なので、
> 戦闘シーンの少なさにガッカリしているのですね。

少ないから良いのですが、そういう抑制の面白さが分からない人が多いのでしょうね。

> アクション映画で高い芸術性を感じるのは、有名作で恐縮ですが「ターミネーター2」です。
> こちらはシュワルツェネッガーのアクションバリバリの映画ではありますが、
> 全編に渡り抑圧されたブルーの色調と生々しい暴力描写は初期北野映画に通ずるものがあります。

ご指摘通りですね。これもそのうち、取り上げてみたいですね。

彦坂様

>「ダークナイト」は見ていなかったので、見てみます。
>ただ今は締め切りに追われて多忙の極地でして、さすがにビデオを見る余裕がありません。

ご多忙の中、お返事頂きありがとうございます。

「ダークナイト」はクリストファー・ノーラン監督版の新しいバットマンの映画です。ヒースレジャーという28歳の若い俳優がジョーカー役を演じた際に、精神に異常をきたして、6種類の痛み止めや鎮静剤、抗うつ剤を多量に飲んで、結果的に急性中毒で死亡してしまったという痛ましい事件が、この映画をいわくつきのモノとしました。しかしヒースレジャーのジョーカーは、ティム・バートン版「バットマン」のジャック・ニコルソンをも凌駕する怪演で、死後にアカデミー助演男優賞を受賞しています。

それとこの映画の特徴として、なるべくCGを使わないで撮影している所ですね。
建物が破壊されたり、トラックが吹き飛んだり、今時のアクション映画だと全てCGで処理してしまいがちな所も実写や模型を使って頑張って撮っている所が素晴らしいです。

最後にもうひとつ、劇映画では初の使用となる大型IMAXカメラ(巨大シアターで上映する映像を撮影するために開発された超高級カメラです。通常、自然ドキュメンタリー系の映像撮影などで使われるものです)でアクションシーンを撮影している点が革新的です。

本編152分と長い映画ですので、お時間ある時にゆっくりご覧になられる事をオススメします。
(松本人志が「ダークナイトは1mm足りとも面白く無かった」とTVで発言していたのが特徴的でした)


「ターミネーター」に関しては、ここで書くと長くなりますので、
ブログにまとめました。お暇な時にでも一読して頂ければ光栄です↓
http://ameblo.jp/studio-nega/entry-11012388518.html


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/95-aaebb3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤について «  | BLOG TOP |  » モダニズムの歴史の本質について(2~4)加筆1

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。