topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1万時間 - 2013.03.27 Wed

養老孟司の『バカの壁』が指摘した人間の個人と個人の間にある亀裂というか、埋められない溝というのは、実は《想像界》によって覆い隠されています。

今日の社会においては、どうも《島》と言われるような小さな集団ごとに、この《想像界》による同一化の《同調バイアス》のシェルターがかかっているようです。それは原始社会の《群れ》の形成に似ているように思います。この《同調バイアス》の内側で、小さな社会が形成されます。この《同調バイアス》を成立させているものが《想像界》という精神のリテラシーです。
          【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】

この場合、問題なのは《想像界》だけが作動していると、他人と他人の差異を覆い隠すのには良いのですが、今度は同じ原理で、物事の違いを区別していく眼が弱くなります。だからコンビニ弁当の白米の味の差と言ったような区別がつかないのです。これは実際に実験をしてみたのですが、セブンイレブンの弁当の白米は《第1次元 社会的理性領域》で、ミニストップの白米は《第6次元 自然領域》であって、味にかなりの差があるのです。が、しかし、その味が、差として識別が出来ない人がいる。

こういう微細な差を識別できない人の存在を、実例を観察していると、白米とラーメンの区別とか、ラーメンと日本蕎麦の区別はつくけれども、ラーメン同士を比べるとか、蕎麦同士を比べるとなると、出来ないということのようです。つまり、区別というものは、「ラーメン」と「蕎麦」という言語の差に応じて区別していることが基盤であって、言語を超えて区別することが出来ない人たちがいる。

谷崎潤一郎の『文章読本』は名著ですが、この中で良い文章と、悪い文章の識別の問題が論じられています。その時に、日本酒の品評会の話が出てきます。同じ純米吟醸のお酒の善し悪しを判断するという利き酒をするときに、利き酒の訓練をしてきている人の意見は、比較的には、合ってきて、意見が一致するのです。つまり訓練をしてきている人には、意見の差が小さくなる傾向があって、訓練をしてきていない人の意見はバラバラになって出てくる傾向がある。

最後に、訓練ということの目安ですが、昨日ある人から教えられたのですが、1万時間だそうです。訓練をする時間が1万時間を超えると、経験が圧縮されて、レベルが飛躍的に変わるというのです。確かに自分の経験から言っても、飛躍的に判断力が増えてきているし、作品制作が楽になって来ています。1万時間の法則はあると思います。20130327
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/968-822b5635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Boulez: "Repons"  «  | BLOG TOP |  » EIJI MARUYAMA  第141回気体分子ギャラリー『月水金オークション』

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。