topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dプリントで「新たなる産業革命」到来か - 2013.05.16 Thu

942515_524129274314114_498837986_n.jpg

966972_524129294314112_1692343951_o.jpg

253384_524129350980773_916035724_n.jpg

新たな産業革命の到来です。100円ショップを超える驚異の未来社会がやって来ます。もう少し生きていて、見たく思います。

2013年05月06日 15:21 
発信地:ジュネーブ/スイス・
 【5月6日 AFP】新たな産業革命の到来かと専門家らに言わしめ、発明当時の蒸気機関や電信と同じくらいの重要性・可能性を秘めているとされる技術──3Dプリント。  

 どんな物でもボタン一つで作り出すことができるプリンターという発想は、まるでSFの世界の技術に思えるかもしれない。  だが、3Dプリントの技術は現実のもので、既にめざましい発展を遂げている。今や研究室やニッチ産業の域を超えてより幅広い市場に進出する準備はできているようだ。
 

【続きは下記Read Moreをクリックしてください。】



 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(Ecole Polytechnique Federale de Lausanne、EPFL)のオリビエ・オルモ(Olivier Olmo)氏は、「10年か20年以内には、この(3Dプリント)技術が誰にでも利用可能になるという、一種の革命が起きると私は確信しています」と将来に向けての抱負を語る。

 同氏曰く、制限は「現在の技術」だという。 ■「製造」の概念も変わる  3Dプリントでは3次元の設計図が必要となる。設計図は実在の物体をスキャンするか、もしくはコンピューター上で一から作成する。この設計図から2次元の「層」のデータを構築し、プリンターへと送られる。プリンターはプラスチック、カーボン、金属などの素材を薄い層として何度も重ね、一つの物体を作り上げる。堅い製品にも柔らかい製品にも対応でき、可動部品を組み込むことも可能だ。

 国際法律事務所「DLAパイパー(DLA Piper)」の技術専門家、サイモン・ジョーンズ(Simon Jones)氏は、「理論上、実在する全てのものは、3Dプリントで製作することが可能。われわれが知る『製造』を変える可能性があります」と話す。また3Dプリント技術を使うことで、必要な製品を必要とされている場所で製作し、環境への負荷を減らすことができるほか、小規模生産におけるコスト削減、さらには大量生産による無駄を防ぐことも可能になるかもしれないという。


260261_524129287647446_1676516615_n.jpg

417801_524129327647442_557036732_n.jpg

945678_524129280980780_819232552_n.jpg

946251_524129360980772_1186620804_n.jpg

971376_524129320980776_1827195423_n.jpg
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kb6400.blog38.fc2.com/tb.php/997-0c380116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

栃原比比奈個展 第163回気体分子ギャラリー『月水金オークション』 «  | BLOG TOP |  » ”大霊界”と東山魁夷

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。