topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第117回気体分子6400オークション Naoyoshi Hikosaka 3 - 2011.11.02 Wed

第117回気体分子6400オークション Naoyoshi Hikosaka 3

オークションサイトはこちら

つまらないものばかり続いて申し訳ないのですが、
16点連続制作するプランです。

全部、アートの格付けを変えて制作します。
今回は《2次元 技術領域》から《第6次元 自明性領域》までの作品です。
普通の音楽などに一番多いと私に思える表現領域です。


20111102_blog.jpg

彦坂尚嘉責任による[ 彦坂尚嘉『Fkushima-Art『Fukkatsu/Resurrection』2~6 』]の芸術分析

アヴァンギャルド美術である。
伝統美術ではない。
現代アートである。

《想像界》の眼で《第2次元 技術領域》~《第6次元 自明性領域》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第2次元 技術領域》~《第6次元 自明性領域》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《第2次元 技術領域》~《第6次元 自明性領域》の《真性の芸術》

《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現。

《シリアス・アート》である。《気晴らしアート》では無い。
《ハイアート》である。《ローアート》では無い。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。つまりシーニュである表現。
理性脳と原始脳性の同時表示。
《透視画面》オプティカルイリュージョン【A級美術】。

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》《形骸》《炎上》《崩壊》の全概念梯子が有る。

《原デザイン》《デザイン》・・・の全概念梯子が無い。

《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原シンボル》の概念梯子が無い。

《原-装飾》がある。
《原-工芸》性が無い。

芸術であって、キッチュでは無い。

作品空間の意識の大きさが《グローバル》である。

《愛玩》《対話》《信仰》《瞑想》《驚愕》の鑑賞構造すべてがある。

情報量が100である。
クリエイティヴである。


Naoyoshi Hikosaka『Fukushima-Art』
『Fukkatsu/Resurrection』2~6 』
オークション終了日: 11月8日(火曜日)21:00
作品名:『Fukkatsu/Resurrection』2~6 』

作品番号:20111102_01
Artist:彦坂尚嘉 Naoyoshi Hikosaka
制作年:2011年
ペーパーサイズ:210×297mm (A4サイズ)
イメージサイズ:186×230mm
素材:出力Print :顔料インクジェットエプソンPX-G5300
紙:エプソン写真用紙

入札開始価格:2,000円

即 決 価格:20,000円


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネガデスさんから、河原温との類似性の質問を受けたのですが、私の芸術分析ですと、河原温の作品は《デザイン》であって、《原-芸術》や《芸術》性はありません。

それに対してコスースの黒い地に文字の作品には、《原-芸術》や《芸術》《反-芸術》《非-芸術》《無-芸術》という概念梯子があります。

この差を見られない観客には意味の無いことですが、私には、河原温の作品は、たとえば東京都現代美術館での回顧展などを見ると、極めて退屈で無意味に思えるのです。日本の現代美術の常識の中で、この様な意見を言っても意味の無いことは分かっていますし、言うことは私にマイナスでしょうが、しかしデザインにしか見えないという私見を言うことは、私にはどれほど社会的なマイナスがあっても、重要なことであると思っています。

とういうわけで、私の作品は《原-芸術》《芸術》《反-芸術》《非-芸術》《無-芸術》の概念梯子のあるものですが、多くの観客には評判が悪いであろうということも、分かります。多くの人はデザインを求めているのです。

ならば、なぜに分かっているのに、無意味な制作をするのか?
これは難しい問題です。私も無意味に思えますが、なぜか、やらざるを得ないのです。とは言っても、最後まで16枚を制作できるかは分かりません。がんばろうと思います。



第117回気体分子6400オークション Naoyoshi Hikosaka 2 - 2011.11.01 Tue

昨日アップしたつもりだったのですが、保存になっていました。
失礼いたしました。
2つ続けてあげます。


第117回気体分子6400オークション Naoyoshi Hikosaka 2

オークションサイトはこちら

20111101_blog.jpeg

彦坂尚嘉責任による[ 彦坂尚嘉『Fkushima-Art『Fukkatsu/Resurrection』 』]の芸術分析

アヴァンギャルド美術ではない。
伝統美術ではない。
現代アートである。

《想像界》の眼で《第6次元 自明性領域》だけの《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第6次元 自明性領域》だけの《真性の芸術》
《現実界》の眼で《第6次元 自明性領域》だけの《真性の芸術》

《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現。

《気晴らしアート》である。《シリアス・アート》ではない。
《ハイアート》である。《ローアート》では無い。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。つまりシーニュである表現。
理性脳と原始脳性の同時表示。
《原始画面》ペンキ絵【B級美術】。

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》《形骸》《炎上》《崩壊》の全概念梯子が有る。

《原デザイン》《デザイン》・・・の全概念梯子が無い。

《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原シンボル》の概念梯子が有る。

《原-装飾》がある。
《原-工芸》性が無い。

キッチュであって、芸術では無い。

作品空間の意識の大きさが《近代国家》である。

《愛玩》《対話》《信仰》《瞑想》《驚愕》の鑑賞構造すべてがある。

情報量が100である。
クリエイティヴである。

Naoyoshi Hikosaka『Fukushima-Art』
『Fukkatsu/Resurrection』
オークション終了日: 11月8日(火曜日)21:00
作品名:『Fukkatsu/Resurrection』

作品番号:20111101_01
Artist:彦坂尚嘉 Naoyoshi Hikosaka
制作年:2011年
ペーパーサイズ:210×297mm (A4サイズ)
イメージサイズ:186×230mm
素材:出力Print :顔料インクジェットエプソンPX-G5300
紙:エプソン写真用紙

入札開始価格:2,000円

即 決 価格:20,000円

はじめは9点の制作を考えたのですが、全部格を変えるということで、分類をしていると、結局16点セットということになりました。

つまり「復活」という文字は一緒なのですが、「アートの格」が16点全部ちがうものをつくろうというプランです。

そういうわけで、2点目の《第6次元 自明性領域》だけのものをつくったのですが、簡単そうに見えて、思ったよりも手間取りました。《第6次元 自明性領域》で、デザインだけでやるのは簡単ですが、それは簡単すぎるので、《第6次元 自明性領域》で、しかし《原-芸術》性をもったもので、しかも、《第6次元 自明性領域》の人々に認識できるものにしなければと、考えたのです。そこでフォントも変えて、文字変形もぎりぎり強くしています。

はたして16枚全部が描ききることが出来るのかどうか? がんばりたいと思います。
このオークションで売っているのはバラ売りで単品制作。セットはed2.で考えています。



第117回気体分子6400オークション Naoyoshi Hikosaka 1(芸術分析を追加) - 2011.10.31 Mon

第117回気体分子6400オークション Naoyoshi Hikosaka 1

オークションサイトはこちら↓
http://www.kb6400.com/2011/10/31/第117回気体分子6400オークション-naoyoshi-hikosaka-1/


20111031_blog.jpg

彦坂尚嘉責任による[ 彦坂尚嘉『Fkushima-Art Fukkatsu 』]の芸術分析

アヴァンギャルド美術である。
伝統美術ではない。
現代アートである。

《想像界》の眼で《第1次元 社会的理性領域》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第1次元 社会的理性領域》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《第1次元 社会的理性領域》の《真性の芸術》

《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現。

《シリアス・アート》である。《気晴らしアート》では無い。
《ハイアート》である。《ローアート》では無い。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。つまりシーニュである表現。
理性脳の表現である。原始脳性が無い。
《透視画面》オプティカル・イリュージョン【A級美術】。

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》《形骸》《炎上》《崩壊》の全概念梯子が有る。

《原デザイン》《デザイン》・・・の全概念梯子が有る。

《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原シンボル》の概念梯子が無い。

《原-装飾》が無い。
《原-工芸》性が無い。

芸術であって、キッチュではない。

作品空間の意識の大きさが《グローバル》である。

《愛玩》《対話》《信仰》《瞑想》の鑑賞構造てがある。ただし《驚愕》は無い。

情報量が100である。
クリエイティヴである。


Naoyoshi Hikosaka『Fukushima-Art』
『Fukkatsu』
オークション終了日: 11月7日(月曜日)21:00
作品名:『Fukkatsu』


作品番号:20111031_01
Artist:彦坂尚嘉 Naoyoshi Hikosaka
制作年:2011年
ペーパーサイズ:210×297mm (A4サイズ)
イメージサイズ:186×230mm
素材:出力Print :顔料インクジェットエプソンPX-G5300
紙:エプソン写真用紙

入札開始価格:1,000円

即 決 価格:10,000円

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今、東京文化財研究所から帰ってきました。年表の出版のつめになってきて、追われています。

さて、気体分子ギャラリーのオークションですが、まあ、人が買ってくれそうも無い作品で申し訳なく思いますが、このシリーズは、ずいぶん長い間考えて来た事なので、いろいろ展開しますので、見ていてください。

それと制作のプロセスと言うか、やり方をeラーニングで公開していこうと思っています。とは言っても、実は彩流社の本の追い込みで追われていて余裕が無いので、何処まで出来るのかが問題ですので、眉唾で聞いていてください。

制作過程をオープンすると分かりますが、結構手間がかかります。多くの人はやる気がなくなると思います。作品を作る事を楽しみたい方は、やりません。

作品自身は、これ1枚というのではなくて、シリーズの展開なのです。もっとも、日本の中では誰も相手にしないと思いますが、それでも面白いはずです。頑張ります。

即決価格での入札がありました。 - 2011.10.11 Tue

20111010_04_blog.jpg

上に掲載した作品に即決価格での入札があり、
落札が決定しました。

ありがとうございました。
この作品は、私も好きで、気に入っていました。
いわゆるアメリカの西海岸系のコンセプチュアルアートの系譜の作品でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この作品は、私も好きで、気に入っていました。
いわゆるアメリカの西海岸系の、コンセプチュアルアートの系譜の作品でした。

今回はサイバー攻撃以降の久しぶりのオークションでしたので、
それなりの変化を追及しています。

一つは作品サイズが倍の大きさA3になったことです。
(しかし「はじめにすべてありき」ということもあるので、小さなA4サイズの作品も、おって出していきます。)

もう一点、《超次元》~《第6400次元》の作品も出す予定だったのですが、
栃原比比奈さんの健康不良で、まだ出来ていません。

アートの格付けは、《第1次元 社会的理性領域》、《第6次元 自明性領域》、《第8次元 信仰領域》まで作り分けましたが、
しかし芸術の概念梯子のすべてがあるという構造になっています。

なかなか理解はしていただけないでしょうが、
今回追いかけている歴史構造は、芸術理解と人間の人格構造の理解に重要な光を照らすものです。

それは同時に、私にとっては、《第1次元 社会的理性領域》の魅力を再認識するものでした。
《第6次元 自明性領域》の作品も再認識しました。うまくいっていて、私は好きです。
そして落札された作品は、《第8次元 信仰領域》なのですが、コンセプチュアルアート系の作品として、
魅力があるのです。
魅力を生み出しているのは、作品の各格そのものの次元がもつ、領域の固有の表現性と、芸術の組み合わせなのです。

日本の現実では、ほとんどがデザインでしか無いのですが、
私にはやはり芸術である作品がおもしろく思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 6400

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

New HIKOSAKA 彦坂尚嘉

Author:New HIKOSAKA 彦坂尚嘉
彦坂 尚嘉(ひこさか なおよし、1946年6月26日 - )は、 美術家。立教大学大学院特任教授。日本建築学会会員。日本ラカン協会会員。気体分子ギャラリーを主催。

【著書/出版】『反覆/新興芸術の位相』(74年、田畑書店)、『死に対抗する力』(91年、ギャラリーKURANUKI)、『リノメランコリア』(94年、岡部版画工房)、共著『リベーションの現場』(05年、彰国社)、共著『メディアと精神科医』(05年、批評社)。共著編『皇居美術館空想』(08年9月朝日新聞社)。『彦坂尚嘉のエクリチュール』(08年、三和書籍)、共著『3・11万葉集 復活の塔』(2012年、彩流社)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
6次元アートの限界 (0)
ポストモダンのアメリカ美術 (11)
気体分子ギャラリー (34)
アートスタディーズ163万8400次元 (97)
映画 (31)
日記 (54)
音楽 (84)
海外の《超次元》アーティスト (4)
訃報 (4)
《第6400次元》真性の芸術 (5)
喜劇 (3)
彦坂尚嘉 の作品 (15)
状況と変動 (134)
告知 (81)
作品の発表 (6)
美術系ラジオ (33)
顔 (6)
人間の研究 (35)
芸術分析 (22)
皇居美術館 (0)
自殺 (2)
アニメーション (2)
味覚 (0)
歴史 (3)
復刻:『美術評論』 (1)
独裁者 (1)
第51200次元 (1)
建築系美術ラジオ/建築系美術ラジオ (3)
建築 (6)
美術テレビジョン (4)
オークション (53)
ギャラリーショップ (0)
ウェブショップ (1)
絵画論 (3)
固体の美術 (1)
特上のラップ (3)
異端美術研究会 (1)
アート論 (3)
反復-2007 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。